人生にゲームをプラスするメディア

セガサミー、インデックス買収を正式発表・・・「アトラス」ほか事業の大半を取得

ゲームビジネス その他

「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
  • 「アトラス」ブランドで高い人気を誇る「ペルソナ」シリーズ
セガサミーホールディングスは、インデックスより事業の大半を取得することで事業譲渡契約書を締結したと発表しました。

取得する事業はデジタルゲーム事業(家庭用ゲーム、ソーシャルゲーム)、コンテンツ&ソリューション事業(コンテンツ配信、システム開発、遊技機関連開発受託、インターネット広告など)、アミューズメント事業(業務用アミューズメント機器の開発・販売)など事業の大半で、上記に関連する有形・無形の固定資産及び知的財産、さらに海外子会社の株式なども取得します。

一方、有利子負債を含む負債については原則継承しないとのこと。取得金額は明らかにされていませんが、約140億円と報道されています。インデックスの有利子負債は2月末時点で193億円でした。

両社は、インデックスが開発した家庭用ゲームの国内流通をセガが受託しているほか、インデックスはサミーのパチンコ・パチスロ遊技機の液晶演出、制御基板の開発を受託するなどの関係にありました。

今回の買収によってセガは優良IPを取得し、PCオンラインゲーム、スマートデバイス、遊技機、アミューズメント機器、アミューズメント施設など多岐に展開することでIP価値の最大化を図ることができると期待しています。

セガサミーは本日付でセガが100%出資して株式会社セガドリームを設立。同社がインデックスから事業を取得します。なお、セガドリームは今後社名の変更を予定しているとのこと。譲渡の実行日は11月1日。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  2. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. 爽快なアクションと壮大な物語がロンチから楽しめる、PS Vita『ロード オブ アポカリプス』

  5. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  6. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  9. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  10. Oculus、VR技術巡る裁判でZeniMaxに5億ドルの賠償金支払いへ【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る