2GB版SDカード付属の3DS本体「アイスホワイト」と「コスモブラック」が近日生産終了へ

2GB版SDカード付属の3DS本体「アイスホワイト」と「コスモブラック」が近日生産終了へ

2013年9月12日(木) 16時16分
  • 「アイスホワイト」の画像
    「アイスホワイト」
  • 「コスモブラック」の画像
    「コスモブラック」

任天堂の公式サイトに、ニンテンドー3DSのカラーバリエーション「アイスホワイト」と「コスモブラック」が近日生産終了予定であると記載されていることがわかりました。

3DS発売から展開されてきた9色のカラーバリエーションのうち、これまでに生産終了を迎えたのは「アクマブルー」「フレアレッド」「コバルトブルー」「ミスティピンク(※在庫あり)」の4色。そこに新たに、「アイスホワイト」と「コスモブラック」が加わることになります。

また、3DSには4GBの「SDHCメモリーカード」か2GBの「SDHCメモリーカード」のどちらかが付属して販売されていますが、「アイスホワイト」と「コスモブラック」が生産終了することによって2GB版付属本体は全てなくなり、今後は4GB版付属の「メタリックレッド」「ライトブルー」「グロスピンク」の3バリエーションのみでの展開となるようです。

3色展開の北米、5色展開の欧州に比べると日本のカラーバリエーションは豊富ではありましたが、最もベーシックなカラーである白と黒がなくなってしまうのは非常に残念です。
日本での人気はさることながら、最近では『とびだせ どうぶつの森』などヒット作の影響で海外でも強い存在感を示してきた3DSですが、今後新バリエーションが投入されることになるのでしょうか。

(c) Nintendo.

(Article written by Ami)

任天堂アクセスランキング


おすすめ記事