人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール9月18日配信タイトル ― 『スーパーワギャンランド』『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』の2本

任天堂 Wii U

スーパーワギャンランド
  • スーパーワギャンランド
  • ボス戦の「しりとり」は当時のプレイヤーを熱くさせた
  • ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編) ※画像は後編
  • 任天堂初の本格テキストアドベンチャーゲーム
任天堂は、9月18日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

9月18日より配信されるタイトルは、スーパーファミコンソフト『スーパーワギャンランド』と、ファミコンのディスクシステム向けソフト『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編)』の2作品です。

『スーパーワギャンランド』は、ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より1991年にスーパーファミコンで発売された横スクロールアクションゲームです。主人公「ワギャン」が「ドクターデビル」の野望を阻止するために冒険に出発。「ワッ」と大声を飛ばす「音波砲」で敵の動きを止め、時には止まった敵を足場にして、ステージクリアを目指します。ボス戦が頭脳戦のミニゲームとなっているのも特徴で「モザイク当て」「しりとり」「神経衰弱」「数字探し」のいずれかで対決。独特なノリで展開されるボス戦のファンも多く、特にパネルに表示されるイラストの意味の解釈の幅が試される「しりとり」は高い人気を誇りました。


『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編)』は、任天堂より1987年にファミコンのディスクシステム向けソフトとして発売されたアドベンチャーゲームです。当時は、ボリュームのある内容を前編と後編の2作に分けて発売されました。「桃太郎」や「かぐや姫」といった日本の昔話がモチーフになっており、それぞれの世界観が融合され、登場人物たちも本作ならではの独特なキャラクターとなって登場します。「男の子」と「女の子」、2人の主人公を状況に応じて使い分けることによって、登場人物たちから聞ける話が変わるなど、さまざまなギミックが用意されています。2人に正しい行動を取らせながら、物語を読み進めていきましょう。


■スーパーファミコン
スーパーワギャンランド 800円(税込)

■ファミコン
ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編) 500円(税込)

(C)1987 1991 NAMCO BANDAI Games Inc.
(C)1987 Nintendo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  5. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  8. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  9. ポケモン×イングレスな『Pokemon GO』発表会 リアルタイムレポート(更新終了)

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top