人生にゲームをプラスするメディア

元ソニー社員による特許侵害の裁判、米連邦地裁陪審が任天堂に3020万ドルの支払いを命じる

任天堂 3DS

元ソニー社員による特許侵害の裁判、米連邦地裁陪審が任天堂に3020万ドルの支払いを命じる
  • 元ソニー社員による特許侵害の裁判、米連邦地裁陪審が任天堂に3020万ドルの支払いを命じる
米国・ニューヨーク州の米連邦地裁陪審団が、ソニーの元社員が保有する特許をニンテンドー3DSが侵害しているとして、任天堂に対し3020万ドル(約29億円)の損害賠償を命じる評決を下しました。

問題の特許は、専用のメガネを使用することなく3D映像が楽しめる裸眼立体視の特許で、これはニンテンドー3DSのセールスポイントになっています。

この訴えをおこした富田氏はかつてソニーに30年在籍し、退職後にこの裸眼立体視の特許を取得しました。氏は2003年に任天堂関係者に裸眼立体視のデモンストレーションを行ったと主張しており、また、その時の参加メンバーのうち半数がその後3DSの開発に携わっています。

任天堂の弁護人は、富田氏は当時任天堂がコンタクトをとった複数の立体視技術提供者のうちの一人にすぎず、3DSの裸眼立体視技術は氏が保有する特許の主要な部分を使用していないと反論していました。 しかし、米連邦地裁陪審団の評決は富田氏の主張を認める形となったようです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  7. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  8. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  9. Wii U向けWiiソフト『ゼノブレイド』『スーパーペーパーマリオ』『毛糸のカービィ』など10作品配信!7月27日より5週連続で

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る

page top