人生にゲームをプラスするメディア

Wii U向けソフト開発も!?会社設立5周年、ポイソフト石川社長&中川プログラマーインタビュー

ゲームビジネス その他

左: 石川泰代表取締役 、右:プログラマーの中川晃宏氏
  • 左: 石川泰代表取締役 、右:プログラマーの中川晃宏氏
  • ポイソフトの今後の展開について語っていただきました
  • 一触即発の空気から・・・
  • ただならぬ雰囲気へ。溢れるサービス精神が良ゲーを生み出すのですね
『ひゅ~ストン』『タケヤリマン』など、独特のゲーム性に定評があるポイソフトが今年で会社設立5周年を迎えます。インサイドでは配信されたばかりの『マンションパーカッション』や海外版の配信も決定した『ひゅ~ストン』などの話も交え、石川泰代表取締役、プログラマーの中川晃宏氏にインタビューを行いました。

■会社名にもユーモアあり!

―――ポイソフトは2013年6月23日に5周年を迎えますが、社名の由来を改めてお聞かせください

石川:短くて覚えやすければ なんでもよかったのですけど(一同爆笑)電話に出て、「株式会社っぽいです」って言いたかったので。それではわかりづらかったので「ソフト」を付けました。

中川:雑談ベースで会社名を決めようとなった時に、「株式会社っぽいですって電話で言われたら先方はどう思うかな?」という話になって。先方に笑っていただけるならこれでいこうと。

石川:ただ実際には「ポイソフトです」というと「え?トイソフト?」と返されてしまうのですが(笑)

―――命名者はどなたですか?

石川:「ポイ」という案を出したのは中川で、「ソフト」を付けたのは私です。

―――出身地がばらばらですが(石川氏は高知県、中川氏は愛知県)、福岡に集まった理由は?

石川:ポイソフト立ち上げ前は福岡のゲーム会社にいました。実は私と中川は名古屋の会社に同期入社していまして。

―――名古屋時代はどのようなゲームを作っていたのですか?

石川:中川とはプレイステーション2向けの競馬ゲームのチームにいました。他にはゲームボーイアドバンスのアクションゲームなどに参加しました。

■ジャンルを意識しないゲーム作り

―――今回、『マンションパーカッション』で音ゲーという新たなジャンルを開拓しましたが、今後違うジャンルを開拓するとしたら、どんなゲームを作りたいですか?

中川:ジャンルを意識するのはミーティングの後で、ネタ先行で開発が進む事が多いです。なので『マンションパーカッション』は音ゲーのようで音ゲーでないものになりました。そういう意味ではジャンルを意識をしたことはありません。

石川:「ないものを作りたい」と思っています。

中川:完全にオリジナルは無理ですから、視点をかえたり、見方をかえたりしたものをつくりたいですね。

石川:新しいジャンル名をつけるのはいいけど、自分たちでもよくわらかなくなるよね(笑)

中川:今回の『マンパカ』は何だっけ?

石川:「音のゲーム」(一同爆笑)音ゲーではないんだよと!

■Wii Uへの展開も

―――Wii Uは海外だとインディーズゲームを積極的に展開していますが、ポイソフトとしては今後据え置き型ゲーム機向けのソフトを開発する予定はありますか?

石川:あります!ですが、まだそれ以上は言えません。

中川:新しいハードはプログラマーとしてもやってみたいという気持ちがあります。高精細なハードは絵柄も綺麗にしなければならないですし、人的リソースの問題がありますから、その点が解決できるのであればやってみたいですね。

石川:画面が広いけど、ドット絵を拡大したような絵を敢えて使うとか、一昔前風のものをあえて出すのもありじゃないかと思いますが、でもせっかくなので綺麗なものを作りたいですね。そういえば、『マンションパーカッション』の制作の際に、こけしみたいなキャラクターで超ハードボイルドなゲームを作ったら面白いんじゃないかって話をしたんですよ(笑)

中川:アイデアがまとまったらWii Uでやってしまうかもしれません(笑)

■『ひゅ~ストン』海外展開裏話

―――『ひゅ~ストン』の海外展開によりポイソフトもついに海外デビューを果たしましたね

石川:英語なので何が書いてあるのかよくわからないのですが・・・(一同爆笑)世界中の方に遊んでもらえたら嬉しいですね。

―――ホーム画面の「石」のアイコンはどうなるのでしょうか?

石川:さすがにわからないと思うので井戸のマークにしました。

中川:今回のプロジェクトは任天堂主導で、僕らはデベロッパーという立ち位置で制作しました。当初NOE(Nintendo of Europe)からお話をいただいたのですが、海外で弁護士を立てたり翻訳するコストを検討した結果自分たちで対応するのは難しいということになって。そうしたら任天堂本社が力を貸してくださいました。

―――海外版のタイトルは?

石川:欧州では『Splash or Crash』という名称で2月28日にリリース、北米では『Kersploosh!』という名称で3月7日配信されます。トレイラーがとてもかっこ良いんでぜひ見てください!



時にジョークを交え、時にここには書けないキワドい話題を交え、終始笑いが絶えないインタビューとなりました。ポイソフトの独特のゲーム性は石川氏や中川氏のユーモアセンスから生まれているのだと実感できる内容ではないでしょうか?今後Wii U用のソフトの開発にも期待が高まりますね。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

    スマホ用VRヘッドセット「STEALTH VR」新型モデル予約開始

  3. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  6. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  8. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  9. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  10. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

アクセスランキングをもっと見る

page top