人生にゲームをプラスするメディア

トーセ新入社員の作品『茶道プラス』ゲーム保存国際カンファレンスにて公開

ゲームビジネス その他

茶道プラス
  • 茶道プラス
  • 茶道プラス
  • 茶道プラス
  • テラダナオさん
京都市嵐山の時雨殿で開催された「ゲーム保存国際カンファレンス:ビデオゲーム~保存?忘却?世界はどう考えているか~」にて、『茶道プラス』のインスターレーションが行われました。

これは、日本の伝統文化のひとつと言える茶道にゲーム的なインタラクティブ性を融合させて注目されたもので、テラダナオさんによる作品です。テラダナオさんは京都のゲーム会社トーセにて勤務されている1年目の新入社員とのことで、学生時代は立命館大学望月ゼミに在籍されており、この茶道プラスはその時の卒業制作であったそうです。

この『茶道プラス』は、お茶会の形式が取られた作品で、実際に参加者にもお菓子とお茶が振舞われました。なお、この時に使用されたお茶碗は時雨殿のものが使われており、これは小倉百人一首にあわせて100種類用意されていたものであったとのことです。

『茶道プラス』は音に合わせて変化するインタラクティブな茶掛けや照明など様々なデバイスで構成されています。茶掛けは、赤外線カメラにより反射シールが張られた茶筅のX軸Y軸を検出し、その動きに合わせて描かれている「お花観覧車」が動くという仕掛けで、他にもマイクで拾った音の大きさでカラーやサイズなどが様々な変化を見せるというユニークなものでした。また照明もマイクが拾った音によって変化する仕掛けが取り入れられており光の演出が茶会を淡く照らしていました。

このように、茶道からはおおよそ関連性が想像できない光センサー、Bluetoothといった技術が多く利用されているのが印象的でした。

テラダナオさんは、「伝統文化というものは新しいものを積み重ねていってこそのものである」とされ、古き良きものを守る事も大切ではあるが、センサーやプログラムといった茶道とは一見関係のないものを取り入れていく事も伝統文化を継承していく上では大切なことである。ビデオゲームを伝統文化として長く続けていくためには、今存在しているものを保存してアーカイブを構築して次の世代に伝えていき、それを元に新しいものを生み出していくことが必要。この作品で伝えたい事とこのカンファレンスの趣旨は似ていると語られていました。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  6. 第20回文化庁メディア芸術祭作品募集が7月7日より開始―ゲームはエンターテインメント部門から

  7. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  8. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  9. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る

page top