人生にゲームをプラスするメディア

インサイドの2012年、人気記事トップ10で振り返る

その他 全般

2012年も残すところあと1日。インサイドでは1月1日から12月30日の間に計8956件の記事を掲載。激動のゲーム業界をお伝えしてきました。振り返りの意味も込めて、年間のアクセス数トップ10の記事を紹介します。

最もアクセス数を集めたのはソーシャルゲームを巡るコンプガチャ規制を伝える記事。ゴールデンウィークに第一報が入ったコンプガチャ騒動は消費者庁が違法と判断。各社は対応に終われ、売上が大きく減少したゲームもありました。コンプガチャ以外にもソーシャルゲームを巡ってはRMTや未成年者の高額課金など複数の問題が指摘され、JASGA(日本ソーシャルゲーム協会)の設立にも繋がりました。

家庭用ゲーム機は苦戦が伝えられてきましたが、年末にかけては明るい話題も。Wii Uの発売を伝える記事が2位に入ったほか、『とびだせ どうぶつの森』の大ヒットも3位に入りました。

定番タイトルでは『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』に関する記事も5位と9位にランクイン。『桃太郎電鉄』を巡る記事も8位に。さくま氏は新作はもう作らないと話していますが、桃鉄の無い年末というのも寂しいところですね。

トップ10には入りませんでしたが、『パズル&ドラゴンズ』の大ヒットからスマートフォンにおける本格ゲームも花開き始めました。まだカジュアルゲーム中心ですが3000万以上の普及を果たした「LINE」まわりのエンターテイメントも興味深いところです。ゲーム機としてのスマートフォンも確立されつつあると言えます。2013年は家庭用ゲームでも多数の注目作があるほか、プレイステーションやXboxの次世代機もあると噂されます。普及を始めたWii Uや3DSでも良作が期待され、2013年もゲームにとって充実の一年になりそうです。

第1位
消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知
http://www.inside-games.jp/article/2012/05/05/56364.html

第2位
【Wii U発売】秋葉原でも発売を迎えたWii U!朝早くからゲームファン駆けつける
http://www.inside-games.jp/article/2012/12/08/62062.html

第3位
AKB48でも『どうぶつの森』流行の兆し? 指原莉乃の作った衣装がスゴい
http://www.inside-games.jp/article/2012/11/17/61469.html

第4位
任天堂宮本氏「ニンテンドー3DS LLは今後発売しない」
http://www.inside-games.jp/article/2012/06/14/57437.html

第5位
『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』、新ポケモンの名前が明らかに
http://www.inside-games.jp/article/2012/02/26/54806.html

第6位
『探検ドリランド』不正にカード複製ができるバグ、数百万円を稼いだユーザーも?
http://www.inside-games.jp/article/2012/02/20/54643.html

第7位
新たな携帯型メガドライブが米Amazonに登場
http://www.inside-games.jp/article/2012/11/05/61130.html

第8位
『桃太郎電鉄』シリーズ終了宣言 ― さくまあきら氏「新作はもう作らないです」
http://www.inside-games.jp/article/2011/12/12/53312.html

第9位
ポケモン、シリーズ最新作『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』発表!発売は6月
http://www.inside-games.jp/article/2012/02/26/54799.html

第10位
アイテム課金制に規制強化の噂も・・・MobageやGREEは「適切な表示がされている」
http://www.inside-games.jp/article/2012/02/08/54425.html
《土本学》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  4. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

アクセスランキングをもっと見る