人生にゲームをプラスするメディア

カジュアルゲームで1000万円稼ぐ方法・・・『マッチに火をつけろ』『超くりひろい』の実例

ゲームビジネス その他

マッチに火をつけろ
  • マッチに火をつけろ
  • iOS版ランキング推移
  • Android版ランキング推移
  • カジュアルゲームで1000万円稼ぐ方法・・・『マッチに火をつけろ』『超くりひろい』の実例
iPhoneとAndroidで合計280万ダウンロード以上を記録している『マッチに火をつけろ』をご存知の方も多いでしょう。14日、HatchUpが開催した「第7回iPhoneGames勉強会」にて発売元のベーシックの川鍋裕輔氏が登壇し、いかにして初参入のスマホゲームで1000万円を売り上げたかについて語りました。

ベーシックは2004年3月の設立で、インターネットの比較サイトやマーケティング支援ツールを提供を主軸とした企業で、今年春からは「AppLiFE」というアプリのレビューサイトも運営しています。そこで様々なアプリに触れる中で、自社でも開発を手がける事でより知見を蓄積しようということでカジュアルゲームの制作に至ったそうです。

第一弾となった『マッチに火をつけろ』は7月頃から企画の検討が始まり、チームのデザイナーからの「スワイプの動きがマッチに似ている」というアイデアから誕生したもの。制作は約2週間で行われ「気軽な気持ちでリリースした」そうです。しかし初日1076ダウンロードでゲームカテゴリで175位だったのに始まり、2日目には3万3412ダウンロードで総合7位に、さらに3日目には10万5518ダウンロードで総合1位まで駆け上がります。

ベーシックでは特に広告は打たず、知り合いや社員にダウンロードを進めたり、フェイスブックでシェアしたり、レビューサイトで掲載依頼を行う程度の施策しか行わなかったそうです。しかし、レビューサイトでうまく取り上げられ、遊んでくれたユーザーの評判も良かったことで大きな成果に繋がりました。

Androidでもその後にリリースを行いました。一般に言われているようにAndroidはiOSと比べて順位が上がりにくく、下がりにくいという傾向があるようです。3日目でようやく新着95位になり、5日目でゲームカテゴリで249位、8日目に総合244位、16日目でようやく新着1位、総合10位まで到達したそうです。

収益面では複数のアドネットワークを使い分けながら最適化を図っていったそうです。各ネットワークによって単価やフィルレートが異なるため、SSP(サプライサイドプラットフォーム、複数のアドネットワークを組み合わせられるプラットフォーム)を利用する事で収益の最大化を行ったとのこと。特に週末に売上が上がるため、そこに向けた調整が必要だとのこと。ちなみに、これまでの売上はiOSが510万円、Androidが440万円で、1ダウンロード当たりの収益は3.4円とのこと。

第二弾としてリリースした『超くりひろい』では更に収益性を追求。当初からSSPを実装、広告のローテーション時間を30秒に短縮、広告位置もゲーム終了画面の中央に変更してクリック率の向上を図りました。これらの施策によって1ダウンロード当たりの収益は10.2円まで向上させることができたそうです。

最後に川鍋氏は成功のためには(1)低コストでダウンロードを稼ぐ(レビュー依頼、プレスリリース、ソーシャルメディア拡散の仕組み) (2)継続的なアップデート (3)広告の最適化 が必要だとまとめました。また、マッチやくりひろいという誰もが親しみがあり、一瞬で理解できるテーマ選択も良い方向に働いたのではないかとのことでした。

同社の施策についてはブログでも詳述されていますので、ぜひチェックしてみてください(Growing App アプリマーケティングブログ)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  2. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  3. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  4. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  7. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  8. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

  9. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  10. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

アクセスランキングをもっと見る

page top