人生にゲームをプラスするメディア

エピック・ゲームズ、スクウェア・エニックスとアンリアル・エンジンの長期包括契約にサイン・・・「Unreal Japan News」第56回

ゲームビジネス その他

エピック・ゲームズ、スクウェア・エニックスとアンリアル・エンジンの長期包括契約にサイン・・・「Unreal Japan News」第56回
  • エピック・ゲームズ、スクウェア・エニックスとアンリアル・エンジンの長期包括契約にサイン・・・「Unreal Japan News」第56回
包括契約により、スクウェア・エニックス・グループ会社でのアンリアル・エンジン3およびアンリアル・エンジン4の利用が可能に

Epic Games Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、CEO:Tim Sweeney)は本日、株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 洋一 以下スクウェア・エニックス)が複数プロジェクトにおいてアンリアル・エンジン3および最新のアンリアル・エンジン4を利用することが可能となる、包括ライセンス契約に調印したと発表しました。

本契約は、日本におけるローカルサポートを担当するエピック・ゲームズ・ジャパンとスクウェア・エニックスの間で協議が行われました。この大型契約により、スクウェア・エニックスでは主要プラットフォーム全てをカバーする最も強力なゲーム開発ツールの包括的な利用が可能となり、同社の保有する強力なコンテンツの一層の強化につながることが期待されます。

エピック・ゲームズ・ジャパン代表の河崎高之は、「Epic Gamesはこれまでもスクウェア・エニックスと強力なパートナーシップを組んできました。今回の契約により、スクウェア・エニックスの優秀なクリエイターや技術者に対し、ライセンス用としては最高峰のゲーム開発テクノロジーをご提供することが可能となり、非常に誇らしく思っています」とコメントしています。「今後長期にわたって、同社の開発チームをワールドクラスの開発ツールでお手伝いできることをとても楽しみにしています」

iOS及びAndroid向けタイトル『デモンズ・スコア』(開発:イニス)も、アンリアル・エンジン3を利用して開発されています。

Epic, Epic Games, Gears of War, Infinity Blade, Unreal, Unreal Development Kit, UDK, Unreal Engine, UE3, UE4 and Unreal Tournament are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. DRAGON QUEST, EIDOS, FINAL FANTASY, SPACE INVADERS, SQUARE ENIX, the SQUARE ENIX logo, TAITO, and TOMB RAIDER are registered trademarks or trademarks of the Square Enix Group. All other trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

###


お問い合わせ先:

河崎高之
Taka.kawasaki@epicgamesjapan.com

Dana Cowley
dana.cowley@epicgames.com

Tom Ohle
tom@evolve-pr.com
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

    【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 『イングレス』は京都をそして世界をつなぐのか?・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第35回

  9. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  10. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

アクセスランキングをもっと見る