人生にゲームをプラスするメディア

【そそれぽ】第49回:俺だけの「なでしこ」を作る!『ARC STYLE: 女子サッカー!!3D』をプレイしたよ!

任天堂 3DS

  • カスタマイズで結成した「みたことあるーず」
  • 見たことあるような気がするだけですよ?
インサイドをご覧の皆さま、こんにちは。そそそこと津久井箇人です。皆さんのゲームライフを充実させるゲームプレイレポート、第49回を迎えました【そそれぽ】のお時間です。

ロンドンオリンピックがいよいよ開会。スポーツ観戦はそんなに夢中にならない筆者も、こういうときだけは人並みに日本を応援したりします。開会式に先駆けて1次リーグ戦が始まっている女子サッカー「なでしこジャパン」の試合にも大注目なワケですが・・・

というわけで、今回プレイするのはアークシステムワークスのニンテンドー3DSダウンロードソフト『ARC STYLE: 女子サッカー!!3D』です。

最近の【そそれぽ】、なぜかサッカーが題材のゲームたまたま結構取り上げていますが、純粋にスポーツゲームとしてのサッカーは意外にも初めて。客人接待用に常備してあるちょっと古めの『ウイイレ』ぐらいしかサッカーゲームをやらない筆者でも、はたしてプレイすることはできるのでしょうか?充実していると噂の選手やチームの「カスタマイズ」も気になります。それでは、早速プレイしていきましょう。

※画像はiPhoneで無理矢理ニンテンドー3DS本体画面を撮影したものです。


■目指すは世界大会優勝
デフォルトで選べるのは、日本やアメリカなど12チーム。それぞれ、それっぽく国の特色が出た選手たちが所属しています。1人プレイのメインのモードは「世界大会」。全7戦を勝ち上がり世界一を目指していきます。勝ち進むと徐々に難易度は上がっていくようですが、それほど極端に難しく感じる場面はありませんでした。また、このモードをクリアすると・・・何か起きるようなので頑張りましょう(笑)。


■フットサル以上サッカー未満
ピッチ上の人数の話です。小さなピッチを駆けまわる雰囲気はフットサルに近いものの、人数はフットサルより1人多い1チーム6人(FW2人、MF1人、DF2人、GK1人)。広大なフィールドを駆けまわる「サッカー」を想像するとちょっと違うかもしれません。小さなピッチでチマチマとカワイイ選手たちを動かすのが本作の魅力です。


■アクション要素が強い
緻密な戦略よりも、タイミングやボタン操作が命の、スポーツアクションゲームです。スライディングのごり押しなどもそれなりに有効ですが、ゴールを狙うシュートは別。キーパーに阻まれるので、上手くフェイントをしかけたり、特殊技を駆使したりして、ゴールを狙いましょう。ちなみに自チームのキーパーは半自動。


■さて、カスタマイズ
ここから本編です(笑)。本作の魅力はなんといっても「カスタマイズ」によるエディット。特にキャラクターエディットは、なかなか細かなパーツが用意されているので、自分好みの選手を存分に作ることができます。パーツの解放といった手順も特にないので「選手名」「体格」「髪型・色」「肌の色」「目・色」「口」「アクセサリ・色」「特殊技」を組み合わせてバンバン選手を作りましょう。


■「みたことあるーず」結成
エディットパーツが豊富なので、どこかで見たことあるようなキャラクターをなんとなく再現したりして遊ぶことも可能。脳内のイメージで雰囲気を近付ければ、そのキャラクターがサッカーしているようにしか見えません。というワケで、どこかで見たことある気がするキャラクターで構成された「みたことあるーず」を結成。選手の能力は自分のプレイの腕次第なので、世界大会優勝も狙えます。


■カスタマイズ操作はタッチペンに対応してほしかった
ゲーム本編はタッチペン操作には一切対応していませんが、名前入力など文字を入力するときだけタッチペンを使用します。エシット画面では「押せそうな矢印アイコン」も表示されているので、名前入力のあとについタッチペンでタッチして無反応、というようなことを何度もやってしまいました(笑)。エディットの時だけでもタッチペン操作に対応してくれれば、より便利になるかなぁと感じました。


■総評:サッカーできる女の子エディットゲー
サッカーゲームとしては、ごくシンプルで、難易度も高くないです。自分だけのオリジナルチームを作ること自体はスポーツゲームとして珍しくはないけれど、「女子サッカー」にテーマを絞って、エディットパーツの許す限り自由に選手を作れるのは非常に魅力的で、これによって1人プレイへの思い入れもひとしお。「自分だけのチーム」で世界制覇を目指したくなります。

500円という価格の安さもあり、コストパフォーマンスはなかなか良いです。ただし、エディットが楽しめるかどうかでゲームの価値も変わってきそうなので、そのあたりは注意が必要。純粋なサッカーゲームというより、アバター的な女の子キャラを工夫して作って自由にサッカーさせる、というのが本作の本質とも言えそうです。

なので、スポーツゲーム好きの人よりも、美少女ゲームが好きな人にオススメです。パーツの組み合わせで「俺のなでしこ」をぜひ作ってください。パスワードで選手の受け渡しも簡単にできるので、TwitterなどSNS系のサービスを使って他の人の選手をチームに組み込んでみても良いかもしれません。

ちなみに、ウチの「みたことあるーず」のFWである「○ク」さんのパスワードは[ c5RTT94DevP6 ]です。良かったら使ってみてくださいネ(笑)。


【そそれぽ】第49回、いかがでしたでしょうか?夏休み、家族の誰かがオリンピックの中継を見ていてテレビがふさがっているときは、もちろん携帯ゲーム機でゲームですよ!・・・ほどほどに!次回もどうぞお楽しみに!


『ARC STYLE: 女子サッカー!!3D』は、好評配信中で価格は500円(税込)です。

(C)ARC SYSTEM WORKS


■筆者プロフィール
津久井箇人 (つくいかずひと) a.k.a. そそそ
愛内里菜らに楽曲提供をし、VOCALOID音楽のクリエイターとしても有名な作・編曲家。ゲームを紹介するブログ記事が評価され、2011年からINSIDEでライター活動を開始。レトロゲームから最新ゲーム、戦略SLGから格ゲーまで、幅広いジャンルのゲームをプレイする。
Twitter:@sososo291
ブログ:sososo activity
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

    『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

  2. 【Wii U DL販売ランキング】『マリオスポーツミックス』や『マリオストライカーズ チャージド』など、マリオのスポーツゲームが健闘(8/29)

    【Wii U DL販売ランキング】『マリオスポーツミックス』や『マリオストライカーズ チャージド』など、マリオのスポーツゲームが健闘(8/29)

  3. 『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

    『MHF』が『Z』へ! 11月9日に大型アップデート、PS4版は11月22日に幕開け…全武器種に“抜刀ダッシュ”、防具の見た目が変更可能に

  4. 【特集】『ガンヴォルト 爪』開発陣インタビュー ― 「このゲーム死なないけど大丈夫?」が「すごく面白い」「続編作ろう」に変わるまで

  5. 【特集】『ガンヴォルト 爪』の爽快感は“気が付いたらクリアしていた”と感じるほど抜群!その魅力を総まとめ

  6. 『ポケモン サン・ムーン』またもや恐怖のポケモンが登場…怨念が砂に宿り人の生気を吸う「スナバァ」とは

  7. 「カービィ」ショップが原宿/梅田に期間限定オープン!新作グッズを先行販売…会場限定グッズも多数

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモン サン・ムーン』内臓で殴るポケモン「ナマコブシ」やリージョンフォームの「ライチュウ」など詳細情報が公開

  10. 任天堂、ジェスネットの子会社化・アジオカからゲーム卸事業譲受を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top