人生にゲームをプラスするメディア

超一流クリエーター陣による「特濃! ゲーム開発塾2012@盛岡」開講 ― 遠藤雅伸、眞島真太郎らが登壇

ゲームビジネス 人材

Iwate Game Factoryは、「IGFプロジェクト」の一環として、最前線で活躍中の一流ゲームクリエーターによる集中講座「特濃! ゲーム開発塾2012@盛岡」を開催すると発表しました。

「IGF(Iwate Game Factory)プロジェクト」は、岩手県出身のゲーム開発者が立ち上げの中心となり、第一線で活躍する一流ゲームクリエーターとともに、岩手県の新たな産業創成と力強い未来を目指すプロジェクトです。開発コンサルタントのNANAROQが中心となって進めており、CEDECフェローの吉岡直人氏が発起人を務めています。

「特濃! ゲーム開発塾2012@盛岡」は、最前線で活躍中の一流ゲームクリエーターによる集中講座となっており、参加者は講義からのノウハウ吸収にとどまらず、講師のゲームに懸ける情熱に生で触れることができるでしょう。講師や参加者とのディスカッションも予定されています。

今回のセミナー講師としては、遠藤雅伸氏(『ゼビウス』)、戸谷直之氏(学生スマホゲームコンテスト “9leap” 最優秀賞)、中嶋謙互氏(日本を代表するオンラインゲーム開発者)、眞島真太郎氏(『ドラゴンクエスト』シリーズ)、松浦雅也氏(『パラッパラッパー』)、吉岡直人氏(IGFゼネラルマネージャ)の登壇が予定されています。

開催日時は、8月7日~8月11日の10~17時で、盛岡情報ビジネス専門学校 304号室にて開催の予定。参加料は30,000円で定員100名(審査有り)となっています。

参加希望者は、igf@nanaroq.com宛てに、氏名・フリガナ・性別・年齢・学校名、職業・専攻、コース、職種・住所・電話番号・E-mail・エッセイ(参加や岩手県にかける意気込み1000文字ほど)を記載したメールを送ってください。IGFにて審査を行い、参加の可否が連絡されるとのことです。参加申し込みメールの〆切は7月17日必着となっています。

なお、技量優秀者には「特待生制度」も用意されているとのこと。参加申込書とともに自身で作製したプログラム、アートワーク等のデジタルコンテンツのデータをメール添付して送り、優秀と認められた場合、別途面接の日時が連絡され、面接の結果、特待生と認められると、参加料無料の特待生に認定されます。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  2. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  3. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

    カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  6. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  7. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  8. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  9. SIE・吉田修平のTwitterが一時乗っ取られる…『ポケモンGO』を攻撃したグループの犯行

  10. 150ヵ国で展開するソーシャルゲーム『Warriors of Odin』成功の秘密とは? gloopsの開発陣に直撃

アクセスランキングをもっと見る

page top