人生にゲームをプラスするメディア

シリコンスタジオ、高度なポストエフェクトを可能にしたミドルウェア「YEBIS 2」販売開始

ゲームビジネス その他

ゴッドレイ(光筋)
  • ゴッドレイ(光筋)
  • 光が光学系(レンズ)を通ったことにより起きる色ズレを演出(倍率色収差)
  • ポストプロセス型アンチエイリアスON
  • ポストプロセス型アンチエイリアスOFF
  • ポストプロセス型アンチエイリアスON(拡大)
  • ポストプロセス型アンチエイリアスOFF(拡大)
シリコンスタジオは、簡単なパラメーター調整で高度なポストエフェクトを可能とするミドルウェア「YEBIS 2」を販売開始しました。

「YEBIS 2」は、ハイクオリティなレンズ表現をはじめ、光学に基づいた高度なカスタマイズ性やパラメータ設定だけで簡単に効果を得られるAPI、完成したゲームへの容易な組み込みや自由に選択できるHDR表現など、モバイルからハイエンドPC向けのクオリティまで幅広くカバーできるパフォーマンスレジが特長です。

今回の主な新要素として、鋭い放射状フレアや光冠/暈といった大気光学現象を表現する「ゴッドレイ(光筋)」、光がレンズを通ったことで起きる色ズレを演出する「色収差表現」、MSAAではジャギーを低減できないマスク境界部分でもアンチエイリアス処理を可能とした「ポストプロセス型アンチエイリアス」が登場しました。

対応プラットフォームは、PS3、Xbox360、Windows(DirectX 9/10/11)で、PS Vita、iPhone/iPad、Androidは近日対応予定。次世代ハードウェアについても順次対応していくとのこと。APIはOpen GL、Open GL ES、DirectX9/10/11などその他プラットフォーム固有の描画APIで、シェーダー言語はHLSL、GLSL、Cgです。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 読売ジャイアンツと『戦国無双 ~真田丸~』が異色コラボ―特製キーホルダー付の入場券!

  6. 第20回文化庁メディア芸術祭作品募集が7月7日より開始―ゲームはエンターテインメント部門から

  7. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  8. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  9. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る

page top