人生にゲームをプラスするメディア

スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

ゲームビジネス その他

スパイク・チュンソフトは、同社の新たなオフィシャルサイトをオープンしたと発表しました。

2012年4月1日付けでチュンソフトとスパイクが合併、新たにスパイク・チュンソフトとして新たなスタートを切りました。コーポレートロゴもあわせて公開。人の横顔にスパイクの「S」と、チュンソフトの「C」が入った、新デザインとなっています。

また、本日よりオフィシャルサイトがオープン。合併前に発売された過去作の情報もアクセス可能になっており、さらに公式TwitterやFacebook、YouTube公式チャンネルなどが新たに開設しました。

・スパイク・チュンソフト公式Twitter
http://twitter.com/spikechunsoft

・スパイク・チュンソフト公式Facebook
http://www.facebook.com/spikechunsoft

・YouTube スパイク・チュンソフトチャンネル
http://www.youtube.com/user/spikechunsoft

・ニコニコ動画 スパイク・チュンソフトチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/channel/ch76

(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  4. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  5. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  6. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  7. オートデスク、エンタメ業界向け新作DCCツールの発表イベントを12日開催

  8. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. 【CEDEC 2012】ゲームのスポーツ化と、スポーツのゲーム化、その融合がもたらすものとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top