人生にゲームをプラスするメディア

迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

ゲームビジネス インディ

『The Last Night』公式サイトより
  • 『The Last Night』公式サイトより
あまりにも描き込まれたドット絵が魅力のゲーム『The Last Night』が現在開発されています。

『The Last Night』は、制作チーム「Odd Tales」によって開発中のシネマティックプラットフォーマー。サイバーパンクなオープンワールドを探索できるという作品で、“次世代のドット絵”と呼ぶべき緻密なビジュアルが最大の特徴となっています。


本作の開発者は、『アウターワールド(Another World)』『フラッシュバック』『エイブ・ア・ゴーゴー(Oddworld)』といった作品群から大きな影響を受けており、それらのゲームに通じる作品となるようです。

公式サイトでは「Cyberpunkjam」で制作された初期バージョンが公開中。圧倒的な迫力の街並みや、油断するとあっけなく殺されてしまう刹那的な世界観を体験することができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『The Last Night』は、家庭用ゲーム機、PC、Mac向けに開発中です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  7. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  8. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  9. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る