人生にゲームをプラスするメディア

『圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ』にシリコンスタジオの2つのミドルウェアが採用

ゲームビジネス その他

被写界深度効果
  • 被写界深度効果
  • ブルーム効果
  • フェーシャルアニメーション
シリコンスタジオは、同社が開発するポストエフェクトミドルウェアの「YEBIS」と、モーションポートレートを搭載した開発ツール「MPEditor」がアイディアファクトリーのPS3向け『圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ』に採用されたと発表しました。

「YEBIS」は被写界深度表現、モーションブラー、グレア表現などのポストエフェクト機能を提供するマルチプラットフォーム対応のミドルウェア。本作の「圧倒的ハチャメチャRPG」という世界観作りサポートしました。

また本作の開発では、1枚の原画から生き生きと動くアニメーションを作り出せる技術「モーションポートレート」を活用するためのミドルウェアとして「MPEditor」も採用。フェイシャルアニメーションによって、物語をより良く伝える効果を発揮しています。

©2012 COMPILE HEART / GCREST, Inc. All Rights Reserved.
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  6. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  7. 【特集】2016年を人気&注目記事で振り返る「1年間のまとめ」上半期編…『ドラクエXI』発売時期のコメントや任天堂のスマホ展開に関心集まる

  8. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  9. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  10. セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

アクセスランキングをもっと見る