KLab、ソーシャルゲーム企画制作のPikkleを完全子会社化

KLab、ソーシャルゲーム企画制作のPikkleを完全子会社化

2012年4月16日(月) 19時30分
  • Pikkle代表取締役 ディビット・コリエ氏の画像
    Pikkle代表取締役 ディビット・コリエ氏
  •  の画像
  •  の画像

KLabは、ソーシャルアプリケーションプロバイダー(SAP)のPikkleの株式を取得し、完全子会社とすることを発表しました。

KLabは優秀な人材の獲得を目的とした企業買収(M&A)に力を入れており、Pikkleは海外の開発会社との共同開発経験があり、海外企業とのリレーション経験豊富な人材が在籍していることから、今回の子会社化に至ったとしています。

Pikkleは、ソーシャルゲームの企画から開発・運用までを行うSAPですが、代表取締役のディビット・コリエ氏は、1992年にゲーム会社TripMediaをロンドンで設立、1996年にはネットゲーム会社Gameletをサンフランシスコで設立したほか、2002年には日本に移住しナムコに入社したという人物。2005年にPikkleを設立しています。

(Article written by 冨岡晶)
関連記事

ゲームビジネスアクセスランキング


[PR]インサイド楽天