人生にゲームをプラスするメディア

レノボ、今年後半に中国でゲーム機を発売へ・・・世界展開も視野

ゲームビジネス 市場

レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
  • レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
中国のPCメーカー、レノボは今年後半にゲーム機の発売を予定しているとのこと。

レノボは合弁で設立した北京聨合緑動科技を通じて「iSec」と呼ばれるゲーム機を発売予定。「iSec」は「Sports Entertainment Center」を略したものだとのこと。レノボのゲーム機は以前は「eBox」という名称で知られていました。

「iSec」はKinectに似た機能を持ち、カメラでプレイヤーの動きを捉え、それでゲームをプレイすることができます。レノボは先週金曜日にこのゲーム機を公開したとのことで、スポーツ、アドベンチャー、エクササイズなどのゲームが確認できたとのこと。また、ウェブや映画を鑑賞したりカラオケを楽しむ機能も備えられているとのこと。

ゲームは中国を始めとして欧米のパートナーが開発を進めている模様。

最初は中国のみの展開ですが、北京聨合緑動科技のCEOであるJack Luo氏は、100万台を突破すれば海外での展開も検討するとコメントしています。

中国でのゲーム機の販売は政府によって厳しく制限されていて、公式なものは、任天堂が現地企業との合弁会社を通じて発売しているiQue(ベースはゲームキューブ)のみです。ソニーやマイクロソフトも積極的に政府との交渉を行っているそうですが、現在のところWii、PS3、Xbox360はいずれも非公式なマーケットで手に入れるしかないという状況です。

ゲーム以外の分野ではこうした政策を通じて地場企業を育成し、多くのグローバル企業が誕生している中国ですが、家庭用ゲーム機の分野でも日本や米国の企業に並ぶ地位を獲得できるのでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  3. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  4. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  5. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  6. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  7. 任天堂オブアメリカ、フィル・ロジャース氏らが退社

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. 業界のイメージ向上が必要・・・EAのJohn Riccitiello CEOがゲームと暴力の問題について

  10. 【特集】2016年を人気&注目記事で振り返る「1年間のまとめ」上半期編…『ドラクエXI』発売時期のコメントや任天堂のスマホ展開に関心集まる

アクセスランキングをもっと見る