人生にゲームをプラスするメディア

レノボ、今年後半に中国でゲーム機を発売へ・・・世界展開も視野

ゲームビジネス 市場

レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
  • レノボ、中国向けにモーションコントロールゲーム機を開発
中国のPCメーカー、レノボは今年後半にゲーム機の発売を予定しているとのこと。

レノボは合弁で設立した北京聨合緑動科技を通じて「iSec」と呼ばれるゲーム機を発売予定。「iSec」は「Sports Entertainment Center」を略したものだとのこと。レノボのゲーム機は以前は「eBox」という名称で知られていました。

「iSec」はKinectに似た機能を持ち、カメラでプレイヤーの動きを捉え、それでゲームをプレイすることができます。レノボは先週金曜日にこのゲーム機を公開したとのことで、スポーツ、アドベンチャー、エクササイズなどのゲームが確認できたとのこと。また、ウェブや映画を鑑賞したりカラオケを楽しむ機能も備えられているとのこと。

ゲームは中国を始めとして欧米のパートナーが開発を進めている模様。

最初は中国のみの展開ですが、北京聨合緑動科技のCEOであるJack Luo氏は、100万台を突破すれば海外での展開も検討するとコメントしています。

中国でのゲーム機の販売は政府によって厳しく制限されていて、公式なものは、任天堂が現地企業との合弁会社を通じて発売しているiQue(ベースはゲームキューブ)のみです。ソニーやマイクロソフトも積極的に政府との交渉を行っているそうですが、現在のところWii、PS3、Xbox360はいずれも非公式なマーケットで手に入れるしかないという状況です。

ゲーム以外の分野ではこうした政策を通じて地場企業を育成し、多くのグローバル企業が誕生している中国ですが、家庭用ゲーム機の分野でも日本や米国の企業に並ぶ地位を獲得できるのでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  9. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  10. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

アクセスランキングをもっと見る

page top