人生にゲームをプラスするメディア

コロプラ、位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ+」をサードパーティに開放

ゲームビジネス 開発

コロプラ、位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ+」をサードパーティに開放
  • コロプラ、位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ+」をサードパーティに開放
  • コロプラ、位置ゲー特化型プラットフォーム「コロプラ+」をサードパーティに開放
株式会社コロプラは、150万人のユーザーを抱え人気を集めている『コロニーな生活☆PLUS』を拡張した、位置ゲー特化型ゲームプラットフォーム「コロプラ+」を本日より提供開始しました。

「コロプラ+」はまずau、docomo、Softbankの携帯で提供開始されていて、11月下旬からiPhoneやAndroidのスマートフォンにも対応するということです。同社はKDDIと資本提携し、auユーザーに対しては「au one コロプラ+」として提供されるとのこと。

位置ゲーや位置情報連動サービスに特化したプラットフォームは日本初で、ゲームに限らず位置情報を活用する様々なアプリケーションを提供していきたいとしています。実際、サードパーティ(同社ではcation-based Application Provider=LAPと呼ぶ)にはマツダレンタカー、ユビークリンク(全力案内)、ゼンリンデータコム、キョードー東京といった既存のソーシャルアプリメーカーとは異なる毛色の企業が参加しています。

11日よりコロプラが運営する3つのゲームが提供され、LAP各社のタイトルは2011年初頭から登場する見込み。

プラットフォームの特徴としては位置情報に特化している事が挙げられます。また、『コロニーな生活☆PLUS』で位置ゲーに親しんでいる150万ユーザーの存在も大きなものになりそうです。プラットフォームには同社が蓄積してきた不正な位置情報を排除する仕組みや、Twitterなど外部プラットフォームとの連携機能が含まれ、初めて位置ゲーを制作する会社でも短期間での開発ができるのではないかということです。

『コロニーな生活☆PLUS』ではアイテム課金だけでなく、リアル店舗や会場への送客、位置連動の広告といったビジネスモデルが既に確立しており、この点もLAPにとっては魅力的になりそうです。LAPとしてはリクルートやJCBも参加していて、こうした企業との連携も図れそうです。

■LAP参加企業一覧
394
KBMJi
あすなろ舎
イマジニア
キョードー東京
JCB
ゼンリンデータコム
日本カードネットホーク
フェイス
フェイス・ワンダワークス
ノッキングオン
マツダレンタカー
モブキャスト
ユビークリンク
ライブウェア
リクルート
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

    SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  6. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  7. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  8. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  9. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  10. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

アクセスランキングをもっと見る

page top