人生にゲームをプラスするメディア

CEDEC 2010、公募の締め切り迫る 31日まで・・・「開発者の"がんばるストーリー"を聞きたい」カプコン稲船氏

ゲームビジネス 開発

人物写真
  • 人物写真
  • 人物写真
日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスのCEDEC 2010の講演者の公募が3月31日までとなっています。

今年は従来の60分間のセッション、パネルディスカッション、ラウンドテーブルに加えて、ショートセッション(20分)やポスター発表による講演枠が追加されています。採用者には無償の受講パスのほか、講演者限定パーティへの招待などの特典が予定されています。

今年は積極的に公募での募集に力を入れていて、最後まで迷っている方に向けて、カプコンの稲船氏とサイバーコネクトツーの松山氏からメッセージが届けられています。

いま、ゲーム業界は最悪の状態にあります。どこにいっても、いい話はほとんど聞こえてきません。「会社がやりたいようにやらせてくれない」、「不況だから予算がない」、こんな話ばかり聞くことが多いです。
確かに、僕はカプコンの常務執行役員です。だからといって好き勝手にできるわけじゃないし、制約の多さはみんなと同じか、それ以上です。
それでも絶対、いいゲームを作ってやるぞって思います。こんな時だからこそ、僕はがんばりたい。僕と同じように思ってくれている開発者はきっと多いはず。自分が出来ないことを人の所為にしない、そんな開発者の”がんばるストーリー”を、「CEDEC 2010」でぜひ聞かせてください。
株式会社カプコン 常務執行役員
稲船 敬二


弊社もほんの数年前までは“聴く側”でした。登壇するのは“誰かがやればいい”なんて思っていた時もありました。
ある瞬間に、その考えは“裏返りました”。
“ねーちゃん!あしたっていまさッ!”ってね。
“誰かが~”なんて思ってたらなあんにも変わらないんだな、と。
“話すことなんて特にないです。”とか“語れるほどの技術は無いです。”とか思ってたら何も始まらない。ウチも毎回、無理して語ってます。自分たちを追いこんででも、きっと、伝えなきゃいけないことがそれぞれにあるんだと思っています。
元来、我々クリエイターは“刺激”を受けて育つ生き物。ぜひ“お互いに”刺激を与えあいましょう!(暴言かもしれませんが)内容はなんだっていい。きっと魂は同じはずです。目覚めよ、『チームJAPAN』!!
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役社長
松山 洋


公募に関する詳細は公式サイトをご確認ください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  3. トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

    トキワ荘プロジェクト、「プロ漫画家向け確定申告講習会」を京都・東京の2箇所で開催決定

  4. CRI・ミドルウェア、「CRI ADX 2」をインディーズ開発者向けに無償提供

  5. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  6. 62インチで対戦ゲームを!?―「iWear AV920-C」登場

  7. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  8. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. フォーブスが選んだ「30歳以下の30人」 ゲームはOculus VR創業者が1位

アクセスランキングをもっと見る