人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、6期ぶりに減益も―報道

ゲームビジネス 市場

ブルームバーグは、任天堂が実に6期ぶりに減益になる見込みだと報じています。

任天堂は業績予想で今期の純利益を前年比7.5%増の3000億円としていますが、Wii値下げ発表後のアナリスト10人が出した予想中央値は11%減の2493億円になっています。このことからブルームバーグは業績予想を下方修正する可能性が高いとしています。



※22年度は会社予想

ここにきて好調を維持してきた北米市場が落ち込みを見せていることから、値下げがされたもののWiiの今期見込みの2600万台の達成は厳しいという見方が強く、また、値下げは利益を圧縮します。加えて、円高傾向にあり、為替差損も膨らむ公算が高いとアナリストらは見ているようです。

任天堂は10月29日に中間業績を発表する予定としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期第1四半期連結業績を発表…『逆転裁判6』が安定するも減収減益

    カプコン、2017年3月期第1四半期連結業績を発表…『逆転裁判6』が安定するも減収減益

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

    2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

  4. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  7. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  8. 【レポート】ネクソンが考えるインディー投資戦略、必要なのは「独創的で面白いゲーム」

  9. 【CEDEC 2010】ファイナンス&マネージメント みずほキャピタル逸見圭朗氏による「続・ゲーム企業の資金調達」

  10. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

アクセスランキングをもっと見る

page top