人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、6期ぶりに減益も―報道

ゲームビジネス 市場

ブルームバーグは、任天堂が実に6期ぶりに減益になる見込みだと報じています。

任天堂は業績予想で今期の純利益を前年比7.5%増の3000億円としていますが、Wii値下げ発表後のアナリスト10人が出した予想中央値は11%減の2493億円になっています。このことからブルームバーグは業績予想を下方修正する可能性が高いとしています。



※22年度は会社予想

ここにきて好調を維持してきた北米市場が落ち込みを見せていることから、値下げがされたもののWiiの今期見込みの2600万台の達成は厳しいという見方が強く、また、値下げは利益を圧縮します。加えて、円高傾向にあり、為替差損も膨らむ公算が高いとアナリストらは見ているようです。

任天堂は10月29日に中間業績を発表する予定としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

    稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  3. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

    ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  4. スクエニ・時田氏が全国で登壇!ヒューマンアカデミーが「ゲーム企画体験&産学連携オープンキャンパス」を開催

  5. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. 【特集】宮崎社長と現場の距離感は?―フロム・ソフトウェア開発者座談会

  8. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  9. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  10. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

アクセスランキングをもっと見る