人生にゲームをプラスするメディア

宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

ゲームビジネス その他

CNNアジアとのインタビューに答えた任天堂の宮本茂専務は、任天堂はライバルとの競争を気にしすぎていて、もっと会社のユニークな強さにフォーカスを置くべきであると述べました。「私達はライバルを気にしすぎます。任天堂と比較可能な会社は多くあります。しかし任天堂はユニークであるべきで、他と比較できない会社になるべきです」

「(山内溥)前社長は"競争しようとするのではなく、オンリーワンに、他とは異なる存在であるべきだ"と常日頃言いました。私達は自身をオンリーワンの存在とする何かを生み出すことに挑戦するためにもっと多くのお金を費やすことができます。これこそが任天堂がそのようなプロジェクトや挑戦に多くの投資ができる理由です。そのための予算は大きくても大きすぎることはないでしょう」

宮本氏はWiiとDSは任天堂が革新し、新しい市場を切り開くことの例だと述べました。

「誰も消費者が期待しなかったような製品を生み出せたとき、新しいマーケットは誕生します。私はそうすることによって任天堂がマーケットをリードするチャンスを得られると思います。任天堂は歴史上ずっとリスクをとってきた会社です」

「私はゲームのノウハウや背景の技術を備え、ゲーム産業での歴史や経験を持ち、モチベーションや意欲に満ち溢れたスタッフを持つという点で、任天堂と比較できる会社はないと思います。私は任天堂のスタッフが長く広く一般に受け入れられるゲームを生み出すことができると信じています。この優位を続けられれば私達は常に他の会社よりも優れていることができるでしょう」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

    ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  3. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

    【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  4. 任天堂・岩田社長の訃報に業界著名人から哀悼の声 ― 桜井政博や吉田修平もコメント

  5. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  6. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  7. 【CEDEC 2016】アナログゲーム国内躍進のワケ―デジタルゲームと相互に影響しあう関係とは

  8. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る