人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏インタビュー/Wired

ゲームビジネス その他

Wiredに任天堂の宮本茂氏へのインタビューが掲載されています。これはE3の際に収録されたもので、マリオやレボリューションのダウンロードサービスについて話されています。

ニンテンドーDSの『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』に関しては下を参照して貰うとして、『マリオ128』について宮本氏はレボリューションで開発しているという旨を話しています。「マリオチームはそんなに沢山のゲームを同時には作れません。彼らはレボリューションに集中しています」とGC向けマリオ新作は否定しています。

レボリューションでは過去の任天堂タイトルがダウンロードできるという仕組みが提供されるそうですが、どのタイトルが選ばれるのか、という質問に対しては「技術的には過去の全ての任天堂タイトルを作動させることができます。それは単に私達がどれを選ぶかという問題です」としています。

最後にマリオの部分だけ紹介。

―――ニュー・スーパーマリオブラザーズについて聞かせてください。これを開発しているのは誰ですか

手塚(卓志)や中郷(俊彦/所属はSRD)がプロジェクトを指揮しています。私もときどき見ています。なので、オリジナルのマリオのメンバーにとても近いということになります。

マリオが3Dになったとき、マリオはより沢山のことが可能になり、プレイヤーはより沢山のことを経験できるようになりました。皆が慣れていた2Dの横スクロールから3Dに移行するのはとても困難なことでした。

DSで私達はワイヤレス通信で同時にマリオを操作するという先端技術を使います。しかし同時に私達は誰でも手に取って貰えるように、ゲームの原点へと立ち返りました。私達は誰にでも遊べ満足できるマリオゲームを望んだのです。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

    ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

  2. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

    社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  3. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  4. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. ゲーム業界の「縁の下の力持ち」トーセが開発体制を改革 ― 時代に適応した事業体制の見直しと新事業部創設

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る