人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5はPS3に、シリコンナイツはXbox360に

ゲームビジネス その他

E3会場から届いたニュースによれば、ゲームキューブの音楽技術などの開発に携わり、ゲームでも大ヒットした『スターウォーズ ローグスコードロンII』を制作したドイツのファクター5と、セカンドパーティとして『エターナルダークネス』等を開発したカナダのシリコンナイツがそれぞれPS3とXbox360で開発する事を発表しました。

ファクター5の社長のJulian Eggebrecht氏は「最新のゲーム機が高性能なのに驚いた。これらの新製品は、われわれの開発作業を自由にしてくれるだろう」と述べました。同社は元々Xbox360向けに用意していたようですが、PS3の性能を見て乗り換える事にしたようです。

具体的なタイトルは不明ですが、PS WorldではPS3『Killzone』の開発元がファクター5と表記されていましたが、現在はGuerrilla Gamesと訂正されています。どちらが正しいのでしょうか。どちらにせよEggebrecht氏は今後はPS3のみにソフトを供給することを明らかにしています。

シリコンナイツはマイクロソフト向けにXBox360タイトル『Too Human』を開発することを発表しました。これは元々N64で開発されていて開発中止になりながらも、何度も開発が噂されてきたタイトルです。この作品は3部作になるようです。シリコンナイツはセガ向けにも次世代機のゲームを開発する事を明らかにしていて、こちらのハードはまだ公開されていません。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 【昨日の人気記事チェック】【ゲームニュース一週間】Wii、PS3、Xbox360の“次の一手”、そして最後に目指すべき場所(12月30日)

  6. Oculusに対応した未知のゲーミングチェア「MMOne」がデンジャラス…360度回転する

  7. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  8. 【GDC2012】インタラクティブ映像監督David Cage氏が語るゲームナラティブに不可欠なパフォーマンスキャプチャとは

  9. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  10. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

アクセスランキングをもっと見る