人生にゲームをプラスするメディア

『マリオカート アーケードグランプリ』ロケテスト at 池袋

ゲームビジネス その他

先日お伝えしたとおり、都内で『マリオカート アーケードグランプリ』のロケテストが実施されています。

そのうち「St.Tropez(サントロペ)池袋」でのロケテストを覗いてきました。場所はJR池袋駅より徒歩数分、サンシャイン60通り沿いです。



設置台数は四台。GW中のためか親子連れも見られます。

ロケテスト版の仕様としましては、インターフェースは「ハンドル」、「ブレーキ」、「アクセル」(ブレーキ同時踏みでジャンプ)、そしてハンドル中央に「アイテムボタン」が配置されており、至ってシンプルです。

1プレイ200円、コンティニュー(次のラウンドに進む場合も)100円、カード作成200円。昨今のアーケードによく見られるように、専用のゲームカードを発行し、記録やアイテム情報を保存できるようになっています。

カードに表記される内容は、「名前」(五文字まで、アルファベットひらがなカタカナ可)、「ドライバーキャラ」、ランク(ロケテスト版で作ると「ロケテスト参上」)、「所持アイテム数」、「チャンピオンカップの所持カップ」、そして「パスワード」です。

ちょっと「パスワード」の使い道がよく判りませんでした。ロケテ版のカードから本製品版へとデータを引き継ぎが出来るそうで、その際にアイテムが特典としてもらえます。

モードとしては一人でのプレイ時は「グランプリモード」と「タイムアタック」の二種。コースは「マリオカップ」、「DKカップ」、「クッパカップ」の三種がロケテ版ではプレイできました。それぞれのカップには4つのラウンドが用意されます。

ひとつのラウンド開始前には、そのコースで手に入るアイテムが3つ、ルーレットでランダムで選ばれ、今までのマリオカート同様にアイタムボックスに触れることで入手します。また、優勝することで新しいアイテムが次々と手に入ります。手に入れたアイテムは専用のカードに保存しておくことで、それを対戦などで使用できます。

対戦時は、画面上部に備え付けられたカメラで撮影した写真がドライバー名と一緒に表示されるようになります。

今回確認できたドライバーキャラクターは、「マリオ」、「ルイージ」、「ピーチ姫」、「ワリオ」、「ドンキーコング」、「クッパ」、「ヨッシー」、「キノピオ」のおなじみのメンバーに加えて、「パックマン」、「ミスパックマン」、「アカベエ」となります。

アイテムは「たつまき」、「パイ」などの新規の物が数多く追加されています。「ブラックこおら」、「キノコ」などのマリオらしいアイテムも勿論存在します。

動きも含めて非常に『マリオカート』らしい出来に仕上がっているので、今後も新宿等でロケテストが実施されるので機会がありましたらお試しになってみては以下かでしょうか?
《Decors》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  2. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  6. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  7. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  8. スマホ向けVRコントローラー「Vroom Project」Kickstarterページに登場―Unity対応の開発環境が用意

  9. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  10. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top