人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が映画製作に参入、2006年に自主制作映画公開

ゲームビジネス その他

日本経済新聞によれば、任天堂は2006年の公開に向けて映画製作に参入することを決定したそうです。これまではライセンスを付与する形で映画製作に関わっていましたが、今後は企画・立案から製作までを行っていくとのことです。

近年の映画製作で多くなっている投資組合方式は取らずに、社内に専属チームを組織して当たる予定。映画の内容は今後詰めるとのことで、ゲームキャラクターや百人一首を題材にしたものが候補だと見られています。

映画製作については今年10月に山内溥相談役が参入したい意向を示していました。山内氏は日経新聞のインタビューで「ゲームソフトとアニメ映画を融合させれば新たな娯楽市場の創出が可能で、任天堂の成長路線確立に貢献すると思う」と話していました。

来年公開する映画「ポケットモンスター」最新作ではニンテンドーDSとの連動をさせるということが決定していますが、自主制作の映画でも同様のことを行うようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

    日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  2. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

    カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

  3. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

    【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  6. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. 日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

  10. 【TGS2016】「日本ゲーム大賞 2016」各部門受賞作品リスト!年間作品部門大賞は『Splatoon』

アクセスランキングをもっと見る