人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5は今後任天堂向けにソフトを供給しない

ゲームビジネス その他

ファクター5社長のJulian Eggebrecht氏はIGNcubeに対し、ゲームキューブ向けタイトルの開発を今後は一切行わないと述べました。同社は現在他機種向けにソフトを開発しているということです。

他機種向けのタイトルが何かは明らかにしませんでしたが、先に行われたGame Developers Conference 2004で、同社はソニーのPSPに対して最も熱心だったことでスポットを浴びました。

5月に開催されるE3でも、ファクター5はゲームソフトの出展を行わないとのことです。また、同社が手掛けていたとされるゲームキューブ向け『パイロットウィングス』についても何も明らかにされていませんが、今回の方針でその可能性はゼロになったと言えるでしょう。

ファクター5は、99年にNINTENDO64向けに発売された『スターウォーズ 出撃!ローグ中隊』(海外ではスターウォーズ ローグスコードロン)で高い評価を得て、その後もゲームキューブで『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズの開発に携わってきました。また、NINTENDO64やゲームボーイカラー、ゲームキューブのサウンド関連なども手掛けていました。

ゲームソフト開発以外も含めて、今後の両社の関係を見守っていきたいです。
《クリ坊》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

    「ゲームの上手さで内定」日本初“ゲーム技能”を選考に加えた社員採用活動「いちゲー採用」が実施

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

  6. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  7. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  8. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  9. スクウェア・エニックス、来年の新卒採用は1割以上が外国籍に

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る