人生にゲームをプラスするメディア

ビベンディとラディカルが6タイトルの開発契約を締結

ゲームビジネス その他

ビベンディ・ユニバーサル・ゲームスとデベロッパーのラディカル・エンターテインメントは6タイトルの開発契約を締結したと発表しました。これらは新作と既存タイトルの続編を含むマルチプラットホームタイトルになるとのことです。

両者はこれまでも『ザ・シンプソンズ: ヒット&ラン』や『ザ・ハルク』の開発を行っていて、両方とも100万本を越えるセールスを記録しています。

「ラディカルは北米で最も優秀なデベロッパーの1つです。彼らの経歴は私達にとって魅力的なパートナーであることを端的に示します。ラディカルとの契約は私達の開発力の強化を保証します」とビベンディのCEO・Bruce Hack氏は述べました。

現在のところ開発タイトルについては明かされていませんが、今後数ヶ月以内には明らかになるものと予測されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

    金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  2. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  3. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

    VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. ブシロードとグリーがスマホゲーム開発で業務提携、『戦姫絶唱シンフォギア』をポケラボが開発

  6. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  7. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  8. 149ドルでスマホが本格VRに!?「NOLO」Kickstarterキャンペーン開始

  9. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  10. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

アクセスランキングをもっと見る