人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、4−12月の連結純利益345億円、通期下方修正

ゲームビジネス その他

任天堂の発表によると、 2003年4〜12月の9ヶ月累計の連結業績の純利益は345億円となったそうです。また、累計売上高は4396億円、営業利益は1026億円、経常利益は532億円。円高による為替損益は590億円で、中間期末に403億円の為替差損とくらべると、さらに190億円近く差損が膨らんだことになります。

森専務は、「(累計売上高について)感覚的には前年実績をやや上回った。(為替損益は)ユーロ建て債権では差益が出たが、これとドル建て債権による差損との差し引きが590億円になった」と話しています。

また、これにともなって、04年3月期の業績見通しは、売上高を5100億円(従来予想は5500億円)、経常利益を850億円(同950億円)、純利益を540億円(同600億円)に下方修正しました。ただ、これは想定為替レートを1ドル=114円のままでのもので、このまま円高が続けば数字がもっと下がる可能性はあります。

また、ゲーム機の売り上げ見通しも下方修正し、GBA(目標2000万台)が最大200万台GC(目標600万台)が最大100万台目標を下回るかもしれない、としました。

しかし、ソフト売り上げは目標6000万本を超え、6149万本(4月-12月)となっています。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  3. VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

    VR空間でプラモ作りを楽しもう! 『Monzo VR』12月12日リリース

  4. TGS2016のアソビモブースにて、新感覚のVRゲームを出展!『BTOOOM!オンライン(仮)』コスプレイヤーとの撮影も

  5. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  6. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  7. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. GOTYは『DARK SOULS III』に!「Golden Joystick Awards 2016」受賞作品発表

  10. ゲオ、「PS VR」を10月29日(土)追加販売へ―32店舗で

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top