人生にゲームをプラスするメディア

エレクトロニック・アーツが第3四半期決算を発表

ゲームビジネス その他

エレクトロニック・アーツは12月31日で終わる2004年第3四半期決算を発表しました。それによれば期間中に8タイトルがミリオンを達成して、一番売れた『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド』は550万本を越えたそうです。

売上高は前年度比20%アップの14億7500万ドルで、純利益は同50%アップの3億9200万ドルでした。機種別売上ではPS2が49%、PCが15%、XBOXが15%、GCは7%でした。地域別では北米が50%で欧州が40%でした。

第4四半期は『007 エブリシング・オア・ナッシング』や『NFLストリート』が期待されます。また、『メダルオブオナー パシフィックアサルト』、『ザシムズ2』は2005年度に延期されたそうです。7月以降ということになります。

ニンテンドー・ディー・エスについては調査中である事が確認されました。

また、エレクトロニック・アーツではLabor Day(労働の日、9月の第一日曜日)までにPS2とXBOXが値下げされると予測しているそうです。価格は129.99ドルを想定しているようです。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

    【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  2. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  3. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

    【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  4. 【TGS2016】「日本ゲーム大賞 2016」各部門受賞作品リスト!年間作品部門大賞は『Splatoon』

  5. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  6. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  7. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  8. 【TGS2016】角川ゲームス、『スターリーガールズ』を台湾・香港・マカオでもリリースすることを発表!

  9. 【海外の声】「PS VR」を遂に購入したゲーマーの反応は?

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る