人生にゲームをプラスするメディア

『ソニックヒーローズ』インプレッション

任天堂 その他

IGNの『ソニックヒーローズ』のインプレッションです。



『ソニックアドベンチャー』について暫く考えてみてください。ハイ・スピードで展開されるアクション、ジェットコースターのように起伏に溢れたステージ。走り・飛び・ピンボールになって弾みます。ソニックチームのゲームキューブ用ソフト『ソニックヒーローズ』はその全ての要素を含み、更に感謝すべきはこれまでのシリーズで見られた、どうしようもないカメラや壁に突き刺さって死ぬソニックや下手なステージデザインが姿を消していることです。

私は素直に認めなければならないでしょう、驚きました。正直に言うと、あまり期待をしていませんでした。しかし今、これまでのどのシリーズよりも速く走るソニック、完成されたカメラシステム、美しいグラフック、ゲームキューブ用のデモを体験した後、私は完成品を待ち遠しく感じています。

とすれば違いはどこにあるのでしょうか。『ソニックヒーローズ』では4つのチームで合計12のキャラクターを扱えます。チーム・ソニック、チーム・ダーク、チーム・ローズ、チーム・カオティックスです。それぞれのチームによってストリーが異なります。木曜日に遊んだデモではチーム・ソニックが遊べました。これまでとまったく異なるのは同時にソニック・テイルス・ナックルズを操作していく点にあります。

ゲームのポイントは随時操作するキャラを変更しながら、各キャラの特性に合わせてステージを進んでいく点にあります。ナックルズは壁を突き進む事ができて、テイルスは他の2人を乗せて長く飛べます。

ソニックは全てのキャラの中でもっとも速く走れ、操作していて愉快です。それはシリーズのセールスポイントでもあります。依然よりカメラはスムーズにソニックのアクションを追います。アクションをより気持ちよく引き立てて映画のような体験をプレイヤーに与えます。

またヒーロー達は60fpsで描かれて、決してそれを下回ることはありませんでした。1つのステージを遊んだだけでは全体を測るのは難しいです。前作のように退屈なステージの山があるかもしれません。しかし、これまでの所ソニック最新作はとても興味深く、完成品が楽しみです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

    『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

  2. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  3. 『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

    『ポケモン サン・ムーン』新情報が10月4日22時ごろに発表

  4. 「ポケモンGO Plus」バックグラウンド動作でも歩いた距離が記録されるように!タマゴを孵したり相棒のアメをゲット可能

  5. 『ポケモンGO Plus』が発売直後から品薄状態に―次回出荷は11月上旬を予定

  6. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  7. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  8. 『ポケモンGO』新機能「相棒ポケモン」詳細が明らかに!アメは何度でも貰え、肩に乗せることも

  9. 宮城県、被災地誘客のため『ポケモンGO』予算3000万を計上 ─ イベントや地域限定ポケモンなど

  10. Wii U向けVC『スターフォックス コマンド』『シュビビンマン3』『レッキングクルー'98』9月28日配信

アクセスランキングをもっと見る

page top