人生にゲームをプラスするメディア

コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気

『ストリートファイター6』のワールドツアーが、格ゲーに革命を起こす!

ゲーム PS5
コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気
  • コンボ練習やキャラ対策が不要な格ゲー!『ストリートファイター6』の「ワールドツアー」が示す、カプコンの本気

2023年6月2日の発売が迫っている、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Steam向け対戦格闘ゲーム『ストリートファイター6』。2D格闘ゲームの金字塔「ストリートファイター」シリーズにおける約7ぶりの完全新作であり、多くのファンがプレイできる日を楽しみに待っていることでしょう。

本作は「クラシック」と呼ばれる従来の操作方法に加え、必殺技を出す際のコマンド入力を撤廃した「モダン」や、AIが自動的にコンボを繰り出してくれる「ダイナミック」という操作タイプを導入。さらに、ストーリーに没入できるシングルプレイヤー向けのストーリーモード「ワールドツアー」を用意するなど、革新的な挑戦が話題になっています。

今回はそんな『ストリートファイター6』のデモ版を、カプコン社にて一足先に体験してきました。これまでに明らかになっている要素を振り返りつつ、特に目玉コンテンツとなる「ワールドツアー」に注目して、同作の魅力に迫っていきたいと思います。

◆「ワールドツアー」に、心の底から“別ゲー”と感動!

いうまでもなく『ストリートファイター6』は、格闘ゲームです。このジャンルはタイトルによって大小の違いはあれど、「お互いのキャラが殴り合って、先に体力をゼロにしたほうが勝ち」という基本的なルールは変わりません。しかし本作の「ワールドツアー」は、“格ゲーの顔をした別のゲーム”という表現がぴったりなくらい、新たな試みに満ちています。

冒頭にも述べた通り、「ワールドツアー」はシングルプレイ専用のストーリーモード。プレイヤーはゲーム開始時に自分好みのアバターを作成し、ルークや春麗といった師匠たちから技を教わったり、街中の住人や敵対勢力とバトルしたりしながら、物語を進めていきます。

“自分好み”と一口に言いましたが、アバター制作の自由度は相当高く、顔や体型といった基本的なパーツはもちろん、筋肉/脂肪/体毛の量まで自由自在。さらに格闘ゲームらしく、設定した腕や脚の長さまでもが、攻撃する際のリーチに影響してきます。

このアバター制作はハッキリ申し上げて、沼です。こだわり始めたら、いつまで経ってもゲームが始まりません。取材当日も「時間が限られているからアバターは手早く決めよう」と事前に決めていたのに、いざ画面を目の前にしたら細かい部分まで弄ってしまいました。

既に配信されている『ストリートファイター6』体験版にて、作ったアバターが製品版に引き継げるため、スムーズに遊びたい方は発売前に触っておくことを強くお勧めします(もちろん、ゲーム開始後も変更可能)。

今回のデモ版は、“お腹が出たオジでも最強になれる!”というコンセプトで作成。遊んでるうちに、どんどん愛着が湧くから不思議。

◆自分だけの最強を目指せ!

「ワールドツアー」では、ルークや春麗といった「レジェンドファイター」と呼ばれるキャラクターと絆を深めることで、プレイヤーの分身であるアバターを強化できます。

そのアバターには「スタイル」という概念があり、これによって基本的な戦い方が決まります。例えば「ルーク」のスタイルを設定すると、アバターの構えや通常技がルークの動きそっくりに。“師匠の動きをマネしている”と考えると、分かりやすいでしょう。

アバターの基本的な動きは、設定した「スタイル」で決まる!

スタイルとは別に、各レジェンドキャラクターから教わった「必殺技」も設定できます。これはスタイルとは異なるキャラの必殺技も選ぶことができ、今回プレイしたデモ版では、“春麗の気功掌やスピニングバードキックを繰り出す、ルークスタイルのキャラ”という不思議な体験が楽しめました。

好きな「必殺技」をセット!

ほかにもポイントを振り分けて新たなスキルを習得したり、見た目が変化する服やアクセサリーを装備したりすることでもパラメーターが上がります。

スキル解放によっても、アバターは強くなる!
装備は見た目だけじゃなく、ステータスアップにも影響。頑張れ、猫耳おじさん。

◆戦いだけじゃない!じっくり探索すると、新たな発見が

「フォトモード」だけでも、相当遊べます。

「ワールドツアー」は戦うだけじゃなく、その舞台を探索するだけでもワクワクします。不思議な住人と出会ったり、お金が稼げるミニゲームがあったりと小ネタに事欠きません。

街にはヤバそうな人もいます。

なお、探索中でも師匠から教えてもらった必殺技が使用可能。「ライジングアッパーで障害物を壊す」「スピニングバードキックで遠くの足場に飛び移る」といった、本作ならではの要素もユニークです。

こうした必殺技は「マスターアクション」と呼ばれ、街中の住人に当てると有利な状態でストリートバトルに突入します。写真を撮っている若いカップルや、カンフー教室で体操をしている高齢者に「ライジングアップァ!」と先制攻撃する様子は非常にシュールですが、ストリートファイトが浸透している本作の世界においては、可愛い挨拶みたいなもの。多くの戦いを通して、経験を積んでいきましょう。

街の住人に対して、普通にバトルを申し込むこともできるけど…
問答無用で「マスターアクション」を当てれば、戦闘が有利に!なんともシュールな光景ですが、メトロシティなら許されるみたい。
ぼんやり歩いてると、敵対勢力から殴られます。恐ろしい街です。

◆「動かすだけで楽しい」という感覚を、久々に思い出した

魅力的なキャラを自由に動かして、カッコ良い技を繰り出す。それだけでもアクションゲームとして十二分に楽しいことを、本作の「ワールドツアー」は改めて証明しています。

従来の格闘ゲームにおける、「コンボ練習しなきゃ」「キャラ対策しなきゃ」といったハードルが全くの固定観念であったことに気付かされました。それでいて決して底が浅いわけではなく、コンボ練習やキャラ対策を突き詰めればしっかり応えてくれるという、従来シリーズが持つ奥深さも残っています。

リーフェンが強い…!彼女にボコられる日が来るなんて。

長年、格闘ゲームはハマるまでが辛すぎるという問題を抱えてきました。筆者も30年以上、格ゲーを愛するオジゲーマーでありながらこの流れに明確な答えが見えず、悶々とし続けてきたファンの一人です。「ワールドツアー」はそんな現状に対して、カプコンが本気で解答をぶつけてきたコンテンツと言い切ってよいでしょう。

なお「ワールドツアー」で作成したアバターは、別モードでのオンライン対戦にも対応しています。世界中で生まれた“ヤバいキャラクター”が集い、熱い戦いを繰り広げる。そんなワクワクする日々は、もうまもなくです。


『ストリートファイター6』は、PS5/PS4/Xbox SeriesX|S/Steam向けに2023年6月2日発売予定。価格はスタンダードエディションのパッケージ版が8,789円(税込)、ダウンロード版が7,990円(税込)、デラックスエディションが10,490円(税込)、アルティメットエディションが12,490円(税込)です。

©CAPCOM CO., LTD. 2023 ALL RIGHTS RESERVED.


【PS5】ストリートファイター6
¥7,191
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ねんね太郎》

また、お会いしましたね ねんね太郎

ゲームセンターとテレホーダイが生み出す濁流に、満面の笑みで身投げした雑食系ゲーマー。油断すると余裕で半日は寝てしまうため、スヌーズ機能が欠かせない。ゲーム以外の趣味は、モノを捨てること。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム アクセスランキング

  1. なぜ?『FGO』ベテランマスターもざわつく「ドラコー」の復刻─過去1年で“最入手難”の“ヤバい”サーヴァントが念願の再訪か

    なぜ?『FGO』ベテランマスターもざわつく「ドラコー」の復刻─過去1年で“最入手難”の“ヤバい”サーヴァントが念願の再訪か

  2. 大流行になった『ストリートファイター6』―その濃密な一年を振り返る【UPDATE】

    大流行になった『ストリートファイター6』―その濃密な一年を振り返る【UPDATE】

  3. 『ガンダムEXVS.』プレイヤーの違反行為が問題に…秋葉原のゲーセンは、配信用PCの提供停止に追い込まれる

    『ガンダムEXVS.』プレイヤーの違反行為が問題に…秋葉原のゲーセンは、配信用PCの提供停止に追い込まれる

  4. 『学園アイドルマスター』天才よわよわアイドル「篠澤広」が予想の斜め上を行くキャラだった件―そう、彼女は“ドM”なんだ【先行プレイレポ】

  5. トビー・フォックス氏が手掛ける『UNDERTALE』の新作『DELTARUNE』発売は“しばらく先”…とはいえ順調な開発状況がニュースレターで明らかに

  6. 『ウマ娘』新たに「ノースフライト」実装決定!“マイルの女王”や“フーちゃん”の愛称で親しまれた女傑、勝負服姿もお洒落

  7. 初登場の色違いと新技「とびひざげり」に注目!「アマカジ」コミュデイ重要ポイントまとめ【ポケモンGO 秋田局】

  8. 「ぼっち・ざ・ろっく!」に影響された美少女RPG『星回(Star Will)』が登場―次なるヒット作を探せ!日本未上陸の注目ゲームアプリ3選【2024年5月19日】

  9. コスプレの破壊力…!グローバル版『ブルアカ』×「とある」コラボにアロナが“特別な衣装”で登場し、先生たちから熱烈な視線

  10. ホロライブ・天音かなた「みんな偉すぎか!」と大感激!“ネタバレOK”の配信でリスナーが見せた抜群の視聴マナー

アクセスランキングをもっと見る