人生にゲームをプラスするメディア

『Apex』新マップの「ヴァルキリーウルト」に要注意!? VTuber・葛葉や人気ストリーマーも餌食に

何かと便利なヴァルキリーの「スカイハイダイブ」ですが、意外な盲点があったようです。

PCゲーム オンラインゲーム
『Apex』新マップの「ヴァルキリーウルト」に要注意!? VTuber・葛葉や人気ストリーマーも餌食に
  • 『Apex』新マップの「ヴァルキリーウルト」に要注意!? VTuber・葛葉や人気ストリーマーも餌食に
  • 『Apex』新マップの「ヴァルキリーウルト」に要注意!? VTuber・葛葉や人気ストリーマーも餌食に

新シーズンの開始と共に、新たなマップ「ストームポイント」が追加された『Apex Legends』。多くのプレイヤーが夢中になって新世界を探索する中、とある地点に“悲劇”を量産するスポットがあることが発見されました。

問題の場所があるのは、「コマンドセンター」と呼ばれるエリアの左側。「コマンドセンター」は密閉された建物ですが、左側には空に向けてポッカリと穴があいています。そこでヴァルキリーのアルティメットアビリティ「スカイハイダイブ」を使用すると、とんでもない事態に…。

「スカイハイダイブ」とは、地上から一定の高さまで上昇した後に空中飛行を行う能力。敵に囲まれても、安全かつスピーディーにその場所から移動できる強力なアビリティです。「コマンドセンター」の“煙突”は縦に長いため、まさにこの「スカイハイダイブ」にうってつけの場所に見えるでしょう。

しかしその発想は大きな罠。実際には煙突があまりに長く続いているため、上昇距離が足りず、不発に終わってしまいます。この仕様は意外に知られておらず、腕自慢で知られる人気ストリーマーたちがさまざまなアクシデントを巻き起こしてきました。

安全なはずの“ヴァルキリーウルト”が生み出した悲劇

まず「スカイハイダイブ」による悲劇に襲われてしまったのは、「にじさんじ」所属の人気VTuber・葛葉さんとさん。2人は11月3日に『Apex』の生配信を行い、デュオを組んでランクマッチに臨んでいました。

そして、ある試合中に「コマンドセンター」で1組のパーティと接敵。両者一歩も譲らない攻防が繰り広げられましたが、途中でその場所を脱出するため、野良のヴァルキリーが「スカイハイダイブ」を試みます。

何も知らない2人は、味方の妙案に大興奮。しかし残念ながら華麗に大脱出…とはいかず、元の場所にもどってきた上、敵部隊に倒されてしまいます。直後、葛葉さんは「飛べねーのかよ! その穴なんなんだよマジで!」とツッコミを入れ、「目の前にさあ…空が広がるのかと思ったら、昇っても昇っても“壁”」と無念な心境を語っていました。

【 Apex 】 新シーズンをたんのうする 【 叶 】

また、11月13日に行われたオンライン大会『えぺまつり外伝2 冬将軍』でも同様の悲劇が生まれています。第3マッチで人気ストリーマーのk4senさんとボドカさん、そしてVTuberのアルス・アルマルさんのチームが「コマンドセンター」で接敵した時のこと。ヴァルキリーを使用していたボドカさんが、「これ上出れんじゃね?」と声をかけました。

3人はノリノリで「スカイハイダイブ」を使用しますが、もちろん結果は不発。パニック状態となり、ボドカさんの口からは「エグイって」という言葉が飛び出します。

この場面は大会本配信にもバッチリ映し出されており、実況・解説や視聴者たちの爆笑を誘うことに。しかし葛葉さんたちの場合とは違い、“空から逃げた”と勘違いした敵部隊がその場から去っていくというミラクルも発生しました。

【ガチギレ】えぺまつりでバケモン2人を抱えたk4senチームの末路【ボドカ/アルス・アルマル】

先人たちの失敗を無駄にしないためにも、この仕様はしっかりと頭に入れておきたいところ。別の場所で絶好の「スカイハイダイブ」ポイントを探してみましょう。


《サワディ大塚》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex』でチャンピオンになるために必要な環境とは―ステップアップに最適なゲーミングモニターで勝利せよ

    『Apex』でチャンピオンになるために必要な環境とは―ステップアップに最適なゲーミングモニターで勝利せよ

  2. 『Apex』開発者のツイートに意外な反応!“消えた最強武器”の復活を望むマニアたち

    『Apex』開発者のツイートに意外な反応!“消えた最強武器”の復活を望むマニアたち

  3. 『VALORANT』新エージェント「KAY/O(ケイ・オー)」…先行プレイしてわかったその強さを解説!【ファーストインプレッション】

    『VALORANT』新エージェント「KAY/O(ケイ・オー)」…先行プレイしてわかったその強さを解説!【ファーストインプレッション】

  4. 「ゲームの公平性を損なうプレイについて」―『VALORANT』公式声明を受け、「ぶいすぽっ!」「Crazy Raccoon」メンバーが厳正処分

  5. 『Apex』アッシュとパスファインダーのかけ合いに胸キュン…“元カノ”にぞっこんな特殊セリフも

  6. 世界記録!『スカイリム』を72分でクリアした猛者現るーグリッチやショートカットせず、前記録から約2分短縮

  7. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

  8. 『VALORANT』のCRカップが開催決定!バトロワではない対戦型シューターゲームを初採用

  9. デカすぎるフリーゲーム『出過杉くん』が話題沸騰!ぶっとんだ内容に「面白すぎてお腹痛い」

  10. 『ポケカ』をPC/モバイルで!基本無料『Pokémon Trading Card Game Live』海外向けに発表

アクセスランキングをもっと見る