人生にゲームをプラスするメディア

『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける

『モンハンライズ』で開発チームが自身の“オトモ”を紹介。それを受けて、リプ欄がモフモフ天国に早変わり!

任天堂 Nintendo Switch
『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける
  • 『モンハンライズ』公式Twitterのリプ欄が“モフモフ天国”に!開発チームのリアルオトモ紹介が動物好きの心に火を付ける

「モンスターハンター」シリーズにおいて、ハンターを協力にサポートしてくれるオトモ。特に最新作『モンスターハンターライズ』ではお馴染みの「アイルー」に加えて「ガルク」も仲間入りし、よりバリエーションが豊かになりました。

そんなオトモの外見は、我々の世界で暮らす猫や犬にそっくりです。そこに関連して、『モンスターハンターライズ』公式Twitter上にて、開発チームのメンバーが最愛の“オトモ”を紹介する企画がスタートしました。

記念すべき第1回目として、手裏剣がデザインされたバンダナをクールに巻く「ハル」が紹介されています。遠くを見つめる目には、いったい何が映っているのでしょうか。その佇まいはまさに、ガルクそのものです。

この投稿を受けて、プレイヤーからも自身の“オトモ”を紹介する返信が続々と寄せられる事態に。アイルー(猫)やガルク(犬)が中心となっていますが、中には「フ、フクズクなら…」というコメントと共にオカメインコが紹介されるなど、ほっこりすること間違いなしな投稿が数多く集まっています。

さらには、自身のペットとゲーム内のオトモを並べて投稿する方も多数。当時飼っていたペットの名をオトモに引き継がせ、今でも一緒にフィールドを駆け回っているというエピソードには泣かされます。やめておくれ、その手の話には弱いんだ…。

ハンターとオトモの間にある、強い絆。その確かな存在感は、我々が住む世界も「モンスターハンター」の世界も変わらないようです。


《ねんね太郎》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  2. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

    『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  3. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

    『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  4. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  5. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  6. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  7. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0における狩猟笛の装備事情―「百竜笛【如意自在】」を用いた安定構築や、バルファルク防具を活かした火力特化まで自由自在

  9. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編、E3の新映像を考察! リンクの右手が古代兵器に!?

  10. 『モンハンライズ』火力最強「一虎刀【餓刃】」は根強い人気!Ver2.0武器なのに現役、その秘密は特殊な生産ルートにあり

アクセスランキングをもっと見る