人生にゲームをプラスするメディア

台湾製ホラーADV『返校 -DETENTION-』映画の邦題が「返校 言葉が消えた日」に決定―日本公開7月予定

『返校 -DETENTION-』、映画版の邦題は「返校 言葉が消えた日」に。7月全国ロードショー。

その他 全般
台湾製ホラーADV『返校  -DETENTION-』映画の邦題が「返校 言葉が消えた日」に決定―日本公開7月予定
  • 台湾製ホラーADV『返校  -DETENTION-』映画の邦題が「返校 言葉が消えた日」に決定―日本公開7月予定

外国映画やそのほか映像コンテンツの配給を手掛ける国内のツイン(twin)は3月22日、台湾のデベロッパーRed Candle Games開発のホラーアドベンチャー『返校 -DETENTION-』を映像化した台湾映画「返校(原題)」の邦題が、「返校 言葉が消えた日」に決定したことを発表すると共に、ボスタービジュアルを公開しました。

原作ゲームは1960年代当時の宗教や風習を反映させた、台湾の架空世界の学校を舞台にした作品。映画では1962年の、蒋介石率いる国民党の独裁政権下の台湾における翠華高校を舞台とし、女子高生のファン・レイシンを主役に、学校からの脱出を試みる中で迫る恐怖と学校で起きた事件の真相に迫るストーリーが描かれます。台湾においては2019年9月に公開され、過去10年間の台湾における台湾映画興行収入のトップ5に入ったことが2020年2月に伝えられています。

《technocchi》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』ゴルシ&マックイーンが「某悪魔召喚RPG風」のドット絵に!支離滅裂な交渉は“悪魔会話”と違和感なし?

    『ウマ娘』ゴルシ&マックイーンが「某悪魔召喚RPG風」のドット絵に!支離滅裂な交渉は“悪魔会話”と違和感なし?

  2. おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介

    おすすめのゲーミングイヤホン3選─ヘッドセットだと耳が痛くなる人にピッタリ!ボイスチャット向きマイクも紹介

  3. 【コスプレ】『原神』甘雨から『FGO』楊貴妃まで!中国人気レイヤー・千夜未来の気品ある透明感が尊い【写真21枚】

  4. コロプラ、任天堂より特許権侵害に関する訴訟を提起されたと発表

  5. 『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

アクセスランキングをもっと見る