人生にゲームをプラスするメディア

『Ghost of Tsushima』注目記事まとめ─“誉れ”と作り込みが印象的な名作が誕生【2020年振り返り】

『Ghost of Tsushima』に関する2020年の注目記事を一気に振り返り!

ソニー PS4
『Ghost of Tsushima』注目記事まとめ─“誉れ”と作り込みが印象的な名作が誕生【2020年振り返り】
  • 『Ghost of Tsushima』注目記事まとめ─“誉れ”と作り込みが印象的な名作が誕生【2020年振り返り】

Sucker Punch Productionsによって生み出された『Ghost of Tsushima』は、2020年に大ヒットを記録したゲームのひとつ。「元寇」という時代背景や、黒沢映画の世界観から大いに影響を受けたという時代劇テイストやゲームシステムが大きな話題を呼びました。

本記事ではそんな『Ghost of Tsushima』に関する記事を振り返ります。

『Ghost of Tsushima』冥人ではなく、武士として蒙古に立ち向かえ! “誉れある武士プレイ”を進めるうえで役立つ「6つの心得」
https://www.inside-games.jp/article/2020/07/31/129134.html

本作の特徴のひとつが自由な戦闘スタイル。主人公の武士・境井仁は対馬の地を奪還すべく蒙古兵に立ち向かいますが、闇討ち暗器なんでもありの「冥人(くろうど)」として戦うことも出来れば、武士の戦い方を貫くことも可能。自分なりの境井仁の「生き様」を描けるシステムが、より物語への没入感を高めています。


『Ghost of Tsushima』仁に救われた母娘は、対馬のどこへ向かうのか? クエスト終了後のNPCをストーキングしてみた
https://www.inside-games.jp/article/2020/07/30/129128.html

オープンワールドマップへの作り込みの深さも本作の魅力ですが、それは非常に細かい所にまで。インサイドでは、よくある「サブクエストを依頼してくるNPC」がその後どのような移動をしているのかを尾行、もとい調査してみた検証記事も登場しました。その結末やいかに!


裸一貫、境井仁!『Ghost of Tsushima』足音を立てなくなったり泥遊びをしたり…汎用性が高いフンドシに注目!
https://www.inside-games.jp/article/2020/08/20/129303.html

蒙古兵との戦いだけでなく、多彩なやり込み要素もユーザーを引き込んだポイントの一つ。色々なプレイスタイルで遊ぶことが可能で、ゲーム中に鮮やかな写真を撮影できるフォトモードもその幅広さに一役買っています。こちらの記事で紹介している「褌」は、探索要素を進めることで入手可能です。


『Ghost of Tsushima』で対戦しようぜ!―プラチナトロフィー獲得者が考案した遊び方が意外に面白い
https://www.inside-games.jp/article/2020/08/27/129363.html

あまりのやり込み要素のディープさに、こんな特殊な「対戦遊び」も考案されました。これも背景まで作り込まれたオープンワールドマップと、フォトモードの便利さの賜物ですね。



『Ghost of Tsushima』の「誉れ」はどう訳されたのか―SIEローカライザーインタビュー
https://www.gamespark.jp/article/2020/09/02/101824.html

これだけの人気を博した裏には、巧みなローカライズが一役買っていることも忘れてはなりません。日常の会話シーンからゲーム中に登場する和歌や“誉れ”という日本的な文化まで、ばっちりと訳されたローカライズについてのインタビュー記事もプレイ後にオススメです。


『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男
https://www.inside-games.jp/article/2020/10/27/129893.html

10月には無料追加コンテンツとしてオンラインマルチプレイに対応した「冥人奇譚」も実装されました。ストーリーミッションの「奇譚」と、サバイバルミッションの「九死」がプレイ可能なだけでなく、ゲーム本編にもアップデートが入り、今なお『Ghost of Tsushima』は進化を続けています。




The Game Awards 2020でもBest Art Direction賞とPlayer's Voice賞を受賞するなど、『Ghost of Tsushima』はまさに2020年を代表する“誉れ”ある一本となったのではないでしょうか。
《ハル飯田》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『ゲームセンターCX』有野課長にプレイしてほしい「PS2」ソフトは? キンハ・バイオ4・鬼武者が大接戦!【アンケ結果発表】

    『ゲームセンターCX』有野課長にプレイしてほしい「PS2」ソフトは? キンハ・バイオ4・鬼武者が大接戦!【アンケ結果発表】

  2. VTuberと戦国武将が『ストリートファイターV』で激突、気になる勝敗の行方は…!?【「ストリートファイター×e-Travel熊本」特別番組】

    VTuberと戦国武将が『ストリートファイターV』で激突、気になる勝敗の行方は…!?【「ストリートファイター×e-Travel熊本」特別番組】

  3. 「PS5」の販売情報まとめ【11月29日】─「ソニーストア」直営店舗の抽選受付は明日まで、「イオン琉球」が新たな抽選を予告

    「PS5」の販売情報まとめ【11月29日】─「ソニーストア」直営店舗の抽選受付は明日まで、「イオン琉球」が新たな抽選を予告

  4. 【Amazonブラックフライデー】セガ・アトラスやカプコンのソフトがセール中!『ペルソナ5』や「バイオハザード」シリーズなど名作がずらり

  5. 『原神』璃月の新キャラ2人が突如公開!見目麗しい「申鶴(しんかく)」と「雲菫(うんきん)」をご覧あれ

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 「PS5」の販売情報まとめ【11月24日】─「ソニーストア」直営店舗の抽選販売が展開中、「ゲオ」の受付は明日まで

  8. PlayStationのヒットタイトルを表彰する「PlayStation Partner Awards 2021」開催決定!

  9. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月9日】─週明けには「ゲオアプリ」が新たな受付を開始

  10. 「PS5」の販売情報まとめ【11月26日】─「ノジマオンライン」の抽選受付は次の週末まで、「ソニーストア」直営店舗でも展開中

アクセスランキングをもっと見る