人生にゲームをプラスするメディア

『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】

リマスター化によって、絶景の数々に磨きがかかりました。巨神の躯に広がる大地は、雄々しくも美しい。

その他 特集
『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
  • 『ゼノブレイド DE』は、冒険の景色も鮮やか! ダイナミック極まる異観から心動かす情景まで、序盤の“絶景”をお届け【フォトレポ】
!注意!
物語面には触れませんが、本記事の性質上、序盤に訪れるフィールドを取り上げる形となります。その点にご注意ください。



Wiiソフトの中でも、屈指の名作RPGとしてその名を馳せた『ゼノブレイド』。独自性の高い世界観や設定を活かした物語、リアルタイムに変化する戦局を見極めるバトルなど、多彩な魅力が多くのユーザーを惹きつけました。

二柱の巨大な神が争った結果、共に躯となったその上に大地が広がり、雄大な自然と多くの動物たちが生きる世界が誕生。これまでにない冒険の世界を提供した『ゼノブレイド』は、その舞台設定も実にユニークでした。

このユニークな設定を大胆に活かしたフィールドは個性的で、現実世界ではお目にかかれない景観が随所に見られます。Wiiの描画性能は決して抜きんでたものではありませんが、本作だからこそ描ける景色の数々がユーザーの心を大きく揺さぶり、記憶に残る情景を画面の中に刻みました。


そんな『ゼノブレイド』の登場から約10年の時を経て、多彩なパワーアップを遂げた『ゼノブレイド ディフィニティブ エディション』が、ニンテンドースイッチに登場。より遊びやすくなったUIや新たな追加ストーリーなども見所ですが、一目で即分かるのはビジュアルの強化。全体的に美しくなったのはもちろん、主要キャラのモデリングも一新されているので、見栄えが大きく進化しています。

そこで今回は、当時遊んだユーザーの記憶に刻まれた景色がどのように生まれ変わったのか、その絶景の数々を紹介するフォトレポートをお届けします。リアルとはひと味違う、『ゼノブレイド』のフィールドがもたらすダイナミックな情景や、時間の移り変わりで表情を変える空と大地の姿など、たっぷりとご覧ください。

なお、中盤以降のネタバレを避けるため、「燐光の地ザトール」までの景色をお届けします。また、この時点で仲間になるメンバーなども映り込んでいるので、今後プレイ予定がある方はお気をつけください。

冒険の幕開け直後から、世界の美しさに釘付け! まずは「コロニー9」周辺をご紹介



この世界が生まれるきっかけとなったのは、巨神と機神の激突。このシーンもグラフィックが向上した恩恵を受けており、ゲーム開始直後からテンションが上がります。が、今回の注目点は絶景! プロローグなどは一気に飛ばし、まずは冒険の始まりである「コロニー9」の周辺に迫ります。


本作の主人公・シュルクの初登場シーン。景色という意味では限定的ですが、印象深い場面です。オリジナル版を知る方ならば、トンボの美しさにも驚いたことでしょう。


最初のバトルが終われば、自由な探索の幕開け。その始まりの地は、豊かな自然に囲まれています。


コロニー9に向かう途中のトンネル。何気ない場面ですが、冒険を予感させるシチュエーションとマッチし、気分が上がります。


コロニー9の周囲は、四方を岩壁に囲まれており、自然の要衝とも言える地形になっています。かつての住人たちは、防衛のしやすさからこの場所に街を築いたのかもしれません。


四方が壁に囲まれているとなれば、手薄になりがちなのは上空。ですが、対空装備もしっかりと用意されています。その見た目も、歴史を感じさせますね。


街の下は水源地なので、環境的にも恵まれています。


夕暮れ時、茜色に染まる街並みも見応え十分。


「テフラ洞窟」の入り口近くは、街を一望できる絶景スポット。建物の位置までしっかり分かります。


ちなみに、展望台から見た街並みはこのような感じに。位置的にはこちらの方が近い分、街の存在感が際立ちます。


同じ場所で、夜を迎えてみました。エーテルランプが輝いているため、深い時間でも十分な明るさがあります。夜道も危なくなさそう。


対空砲も、コロニー9の見所のひとつ。本来なら入ってはいけない場所かもしれませんが、だからこそ足を運んでみたくなるもの。


後ろを振り返ると、居住区の街並みが見えます。水源地を経由せず、居住区からジャンプを駆使してたどり着くことも可能です。


初のダンジョン探索となる「テフラ洞窟」。あまり広くはありませんが、ここも侮れないスポットです。


まずは、この「テフラ大空洞」がお勧め! 日の光が射し込むと、思わず目を奪われてしまうほど。


「ヴィリア湖」も、幻想的な雰囲気が味わえる名所です。モンスターさえいなければ、のんびり過ごせるのに・・・。


また、洞窟経由で行ける「シリンダー格納庫」も、絶景ポイントのひとつ。洞窟前よりも更に高い位置にあるため、街がミニチュアサイズのようです。3つの対空砲もばっちり拝めます。


四方を囲む崖からは、力強さが感じられます。この壁が、住人たちを守ってくれたのでしょう。


そして洞窟を抜けると、機神界を一望できるスポットに到着。あの躯もまた、この世界を構成する大地の一部です。


ちなみに、洞窟を抜けたばかりの場所は「膝頭の丘」。



地形としては小さめですが、機神界側に遮蔽物が一切なく、開放感が半端ありません! 崖に囲まれて始まり、狭い洞窟を抜けたその先で、独特な世界の在り方を感じさせるこの演出。非常に憎いばかりです。

しかし、それはまだ『ゼノブレイド』の片鱗に過ぎません。この直後に更なる洗礼が待ち受けており、Wii版のプレイ時には度肝を抜かれました。その新たなるエリアの絶景も、引き続きお楽しみください!




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 教えて、忍ism Gaming!プロゲーマーは休日にどんなゲームを遊ぶの?次回テーマは「ミェンミェン」に注目が集まる『スマブラSP』

  3. 中国人気コスプレイヤー小柔SeeUが『あつまれ どうぶつの森』擬人化!しずえ、フーコ、ウリ、どの姿が好き?【写真10枚】

アクセスランキングをもっと見る