人生にゲームをプラスするメディア

今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】

「天つ空町」や「近郊都市トリスタ」で過ごしたという声も。

その他 特集
今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】
  • 今年のGWは「無人島」で過ごした読者が多数! 「キングスキャニオン」「アパラチア」「米国」に行った人も・・・どんなゲームを遊んだの?【アンケート】

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今年のゴールデンウィークは多くの方が自宅で過ごす形となりました。連休に外出の予定を立てていた人も、その楽しみはしばらく先送りとなりそうです。

しかしゲームファンならば、自宅にいながらにして、世界中の様々な場所に出かけることができます。もちろんそれはゲームの中の話ですが、過去の時代や遠い未来のSF、さらには異世界にだって足を伸ばすことが可能です。

TV画面やモニタを通して、今年のゴールデンウィークをどんな場所で過ごしたのか。インサイド読者の方々が出かけた先(=遊んだゲーム)について募集したアンケート結果を、今回紹介させていただきます。あなたが訪れた場所は、人気スポットだったのか、それとも穴場だったのか。回答者が過ごしたGWの滞在先を、じっくりとご覧ください。

◆最も人気を集めたのは、島で過ごす自由な日々!



今年のGWに訪れた先として最も多かったのは、『あつまれ どうぶつの森』でした。たぬきちの無人島移住パッケージに参加し、新天地で送る刺激的な毎日は、GWの期間だけでは足りないくらい充実した日々だったことでしょう。


島での日々を選んだ理由としては、「のんびりしたい」「時間を気にせずに好きなように生きたいから」「現実では叶わない海が見れたり、自分が苦手な釣り、虫取り、DIYができる」といった、癒しや休息を求める声が目立ちました。


ですが、「島クリエーターで、島の改造がしたいから」と、一大事業レベルのやる気に満ちた方もおり、島を訪れる理由は人それぞれ。波の音を聞きながらリラックスした人もいれば、ローンの返済に明け暮れた方もいることでしょう。


次いで人気を集めたのは、『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』。自然豊かな地に足を伸ばした人も多く、「GW前に発売されたので」といったタイミングの良さも人気の理由でした。


また、「長年リメイクを待っていた作品だし、海も山も極寒地帯も火山地帯も山岳地帯もあるので、StayHomeにちょうどいい」といった意見も。確かに、あの世界に旅立つだけで様々なロケーションを楽しめそうです。


また、『FINAL FANTASY VII REMAKE』を選んでミッドガルにたどり着いた方もいれば、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』で新大陸の冒険に身を投じた人も。先月発売された待望の作品から、昨年配信された大型DLCまで、読者が選んだGWの滞在先は多彩さを見せました。


ちなみに『ファイナルファンタジー』シリーズだと、『FF7 リメイク』だけでなく『ファイナルファンタジーXIV』で過ごしたという声も届いています。ただしこちらはGWの特別な滞在先ではなく、「日常的に住んでいるので」と、あくまで日々の一環とのこと。お馴染みの場所で連休を過ごした方も少なくなかったようです。

◆画面の向こうに広がる様々な世界──過ごした場所で遊んだゲームが分かる、かも?



特に人気の多かった滞在先は以上となりますが、この他にも様々なタイトルがGWのひとときに彩りを添えました。『スプラトゥーン』でストレスを発散し、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にて自宅にいながら大暴れ! スイッチで長く遊べるものを探して『スカイリム』にたどり着いた方もいました。


レースにドライブ、バトロワなど、「これだけでものすごい楽しめる」との理由から『フォルツァホライゾン4』を選んだ人も。また、『コードヴェイン』で「レヴナント」となって「堕鬼」との戦いに挑んだ読者もおり、過ごし方も多種多彩です。


また、各作品で訪れる場所や地名などを答えてくださった方もおり、その一例を最後に紹介させていただきます。「戦国の世」や「米国」、「遺跡」などは、該当する作品もかなり多そう。果たしてどの作品なのか、想像力をくすぐられます。


その一方で、「天つ空町」に「近郊都市トリスタ」、「アパラチア」や「キングスキャニオン」などは、同じ作品を遊んでるユーザーならばピンと来る滞在先を回答された方々も。それぞれの場所をヒントに、各タイトルを予想してみるのも一興です。正解は下記に記してありますので、答え合わせにどうぞ。


不要不急の外出を自粛していると、どうしてもストレスが溜まりがち。ですが、画面越しに様々な世界とコンタクトできるゲームは、時に心を癒し、時に爽快感を与えてくれます。こんな時だからこそ、自宅で楽しく過ごしたいもの。GWは終わりましたが、今後も楽しく日々を過ごすため、ゲームの中であらゆる場所に出かけましょう!

【読者の声(一部抜粋)】
■戦国の世(『仁王2』)
トロコンを目指し妖怪を狩りつくすため。

■米国と我が島(『デス・ストランディング』と『あつまれ どうぶつの森』)
カイラル通信を繋ぐため。島はインフラの整備をしたい!

■天つ空町(『トロとパズル~どこでもいっしょ~』)
トロの誕生日だから。

■近郊都市トリスタ(『英雄伝説 閃の軌跡』)
創の軌跡が7月に発売される予定で、軌跡シリーズに興味を持った為。

■アパラチア(『Fallout76』)
大型アップデートでゲームが生まれ変わったため。

■キングスキャニオン(『エーペックスレジェンズ』)
やりこみと次のレジェンドのため。

■遺跡(『La-mulana2』)
ゆっくり実況を作成しているので。
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

    【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. なぜ『聖剣伝説3』のリースは20年以上愛されているのか?―その魅力ポイントを解説【特集】

アクセスランキングをもっと見る