人生にゲームをプラスするメディア

周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】

衝撃的な内容でユーザーを虜とした『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』。10周年に向け、あなたの思い出を是非教えてください!

その他 特集
周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】
  • 周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】
  • 周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】
  • 周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】
  • 周回プレイで心を抉る物語が、もうじき10周年─『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出やプレイ体験を大募集【アンケート】

ゲームを遊び続けていれば、記憶に残る作品と出会うことも多々あります。極上のゲーム体験であったり、惚れ込むようなキャラクター描写だったりと、その理由は様々。ですが、いずれの作品も一度記憶に刻まれれば、いつまでも色褪せることはありません。

そんな作品のひとつとしてたびたび語られるのが、『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』です。ゲームシステムは、比較的オーソドックスな三人称視点のアクションRPGですが、それゆえに3種類の武器と魔法を併用するバトルは親しみやすさがありました。

そして何よりも本作の印象を根深くしたのは、個性的なキャラクターたちが織りなす重厚な物語です。周回プレイに挑むことで新たに判明する事実は、大きな衝撃と意外性に彩られており、世界の見方が一変するような内容を突きつけられることもありました。


立ちはだかる敵を倒すだけだった戦闘は、世界の真実に触れたことで、躊躇や葛藤を伴うものになった方も多いのでは。厳しい世界と向き合い、最後まで戦い抜いた『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の思い出は、切なくも鮮烈な色合いを放っていることでしょう。

非常に印象深い『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』は、2010年4月22日に発売されました。そこで今回は、もうじき迎える10周年を祝し、本作のプレイ体験や思い出を読者の方々から募集させていただきます。忘れられないシーンやお気に入りのキャラクター、魅力的なポイントなどを、ぜひお寄せください。また、バージョンアップ版となる『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の購入予定や期待している点なども、教えていただければ幸いです。あなたのご意見、お待ちしております!


アンケートが表示されない方はこちら
https://questant.jp/q/FEN2VZ6U



【関連記事】
『斬撃のレギンレイヴ』本日2月11日で10周年─“斬る”楽しさは永久不変で唯一無二! 未だに代わりが見つからない面白さが「ここ」にある
『GOD EATER』本日2月4日で10周年─ハイスピードとドラマティックな物語が織りなすアクションは、ソロプレイでも一人じゃない!
『エンド オブ エタニティ』本日1月28日で10周年─飛び交う銃弾、トドメの一撃・・・銃撃戦の醍醐味をRPGで実現! 「ヴァシュロンダンス」が忘れられない方も多数
PS3/Xbox 360『ベヨネッタ』本日10月29日で10周年─残酷なれど冷酷にあらず、妖艶な魔女は女性人気も高し! 読者コメントは長文&熱さ満点
《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 中国レイヤー・楚楚子、『鬼滅の刃』から『FGO』『ひぐらし』『チェンソーマン』まで美麗コスプレ披露!【写真38枚】

    中国レイヤー・楚楚子、『鬼滅の刃』から『FGO』『ひぐらし』『チェンソーマン』まで美麗コスプレ披露!【写真38枚】

  2. 【コスプレ】『FGO』マリー・アントワネットの気品あふれる佇まいが映える!チャペル撮り下ろしの礼装が優雅【写真15枚】

  3. イライラすると負け続ける理由はこれ?怒るよりも楽しい気持ちでプレイする方が対戦で勝ちやすい可能性、研究で示唆【UPDATE】

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る