人生にゲームをプラスするメディア

何から何までプレイアブル『Everything』国内PS4/スイッチ版が2月13日配信―Steam版の日本語対応も

世界の中心で観測するのはあなた。目に入る全てがプレイアブルキャラクターとなるインタラクティブ体験ツールです。

ソニー PS4
何から何までプレイアブル『Everything』国内PS4/スイッチ版が2月13日配信―Steam版の日本語対応も
  • 何から何までプレイアブル『Everything』国内PS4/スイッチ版が2月13日配信―Steam版の日本語対応も
  • 何から何までプレイアブル『Everything』国内PS4/スイッチ版が2月13日配信―Steam版の日本語対応も
  • 何から何までプレイアブル『Everything』国内PS4/スイッチ版が2月13日配信―Steam版の日本語対応も

PLAYISMは、インタラクティブ体験ツール『Everything』国内PS4/ニンテンドースイッチ版を2月13日に配信すると発表し、あわせてリリーストレイラーを公開しました。

本作は2017年にPC(MacとLinuxを含む)および海外PS4向けにリリース(2019年には海外ニンテンドースイッチ向けにも配信)されたDavid OReilly氏が手掛けたインタラクティブ体験ツール。動物、惑星、銀河と目に入る全てのものがプレイアブルキャラクターとなり、達成すべき目的やスコアのない中でプレイヤーは様々な視点で世界を観測します。




またPLAYISM公式Twitterアカウントによると、2月13日にはSteam版についても日本語が配信されるとのことです。


『Everything』国内PS4/ニンテンドースイッチ版は2月13日に配信予定。ニンテンドースイッチ版はマイニンテンドーストアにて1,480円で事前購入が可能です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『仁王2』期間限定の「最終体験版」配信開始!異形の妖怪「両面宿儺」やハクスラ要素「茶器」などの新情報も公開

    『仁王2』期間限定の「最終体験版」配信開始!異形の妖怪「両面宿儺」やハクスラ要素「茶器」などの新情報も公開

  2. 『英雄伝説 創の軌跡』主人公の1人「リィン・シュバルツァー」を中心とした主要人物&キーワード公開!VII組のキービジュアルもお披露目

    『英雄伝説 創の軌跡』主人公の1人「リィン・シュバルツァー」を中心とした主要人物&キーワード公開!VII組のキービジュアルもお披露目

  3. PS4『モンハン:アイスボーン』刻まれた珠、大霊脈玉を狙える歴戦個体討伐が登場!最新イベントクエスト情報公開

    PS4『モンハン:アイスボーン』刻まれた珠、大霊脈玉を狙える歴戦個体討伐が登場!最新イベントクエスト情報公開

  4. 『仁王2』今のうちに“落命”慣れしておけ!「最終体験版」プレイレポート

  5. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  6. 『グラブル ヴァーサス』舞えよ胡蝶!DLC第2弾「ナルメア」の配信日が3月3日に決定

  7. 『ロックマンゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション』の名作ぶりに酔え!ゼットセイバーからロックマン大戦争まで魅力をお伝え

  8. 『FF7 リメイク』召喚獣「サボテンダー」と「コチョコボ」の紹介映像公開!クラウドをサポートするその姿は、可愛くも頼もしい

  9. 『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

  10. 【吉田輝和の絵日記】汚家を徹底掃除!自分好みに家具並べて劇的なビフォーアフター『ハウスフリッパー』

アクセスランキングをもっと見る