人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!

有料追加コンテンツ「エキスパンションパス」に関して、第2弾「冠の雪原」の概要をまとめました。

任天堂 Nintendo Switch
『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!
  • 『ポケモン ソード・シールド』有料DLC第2弾「冠の雪原」概要まとめ―6体の新伝説及び、過去作全ての伝説ポケモンが登場決定!

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の有料追加コンテンツ「エキスパンションパス」に関して、第2弾「冠の雪原」の概要を公開しました。


2020年秋に配信予定の「冠の雪原」では“探求”がテーマとなっており、雪山がそびえ立つ白銀の世界「カンムリせつげん」が冒険の舞台に。極寒の地にある小さな集落で人々が寄り添って暮らしており、これまでのガラル地方とは異なるポケモンを見つけることができます。




主人公たちは、「カンムリせつげん」でとある人物から探検隊の隊長に任命され、不思議な遺跡や謎の巨大な樹木、ワイルドエリアにあるポケモンの巣の地下深くなど、さまざまな場所の調査へ赴くことに。


物語の中で探し出すこととなる伝説ポケモン「バドレックス」も新登場します。太古の昔、ガラル地方一帯を統べていたポケモンであり、優雅で威厳のある立ち振る舞いが特徴的。極めて高い知能を持ち、過去・現在・未来の出来事を見通すともいわれています。「バドレックス」に秘められた謎を巡るストーリーにもご期待くださいとのこと。



仲間と共に、「カンムリせつげん」にあるポケモンの巣の地下深くを探検する新たな協力プレイも登場します。巣の奥では、これまでのシリーズに登場した伝説ポケモンがダイマックスして姿を現すこともあるそうです。伝説ポケモンは、「冠の雪原」の冒険を経ることで全種類が登場。出会えるだけでなく、仲間にすることも可能です。






さらに、まったく新しい伝説ポケモンたちも「カンムリせつげん」のどこかに待ち受けているとのこと。Pokemon Directでは、上記の5体が公開されました。



このほかにも、第1弾「鎧の孤島」とあわせて100種類以上の着せ替えアイテムや、「鎧の孤島」と「冠の雪原」のクリアで挑戦できる新たなトーナメントが登場。「鎧の孤島」と「冠の雪原」をあわせて、合計200以上のお馴染みのポケモンが『ポケットモンスター ソード・シールド』の世界を冒険できるようにもなります。



なお、新マップ「ヨロイじま」と「カンムリせつげん」は、ワイルドエリアのように1つの大きなマップとなっており、カメラを動かしながら冒険を楽しむことや、他のプレイヤーと一緒に遊ぶことができます。

Pokemon Directでは紹介しきれなかった機能も現在企画・開発中とのことですので、続報を楽しみに待ちましょう。



『ポケットモンスター ソード・シールド』は好評発売中。希望小売価格は、各5,980円+税です。『エキスパンションパス』は本日1月10日より発売開始。『ソード・シールド』ごとに分かれており、価格は各2,709円+税です。

(C)2019 Pokemon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『パワプロ2022』魔球「ギャラクシー・ゼロ」が“歴代最強”レベル!?バーチャル債務者YouTuber・天開司もお手上げ…

    『パワプロ2022』魔球「ギャラクシー・ゼロ」が“歴代最強”レベル!?バーチャル債務者YouTuber・天開司もお手上げ…

  2. 『ポケモン』アルセウスに負けない伝説を誇るも…何かとネタにされがちなレジギガスの受難

    『ポケモン』アルセウスに負けない伝説を誇るも…何かとネタにされがちなレジギガスの受難

  3. 【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

    【任天堂が1株を10株へ】株式分割するとどうなるの?

  4. アジア最強『Apex』プレイヤーが1vs1で激突…怒涛の空中戦はまるでドラゴンボール!?

  5. スイッチ/PS4『魔法使いの夜』12月8日に発売決定!ボイス初解禁のPV第1弾も公開

  6. 意外に知られてない!?設定上“性別”が想定されていた伝説のポケモンたち

  7. ニンテンドースイッチの修理代が安くなる豆知識!任天堂が「オンライン修理受付」の手順を告知

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

  10. 『パワプロ2022』いつでもどこでもユニフォーム姿な「パワプロくん」がついに…?「初めて見たわ」

アクセスランキングをもっと見る