人生にゲームをプラスするメディア

スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】

『ゼルダの伝説 夢をみる島』の2019年注目記事を一気に振り返り

任天堂 Nintendo Switch
スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】
  • スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】
  • スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】
  • スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】
  • スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』注目記事まとめ─26年の時を経て名作が復活!年末年始にクリアするにもちょうど良いボリューム感【2019年振り返り】

2019年9月20日に発売されたニンテンドースイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』。かつてゲームボーイで発売した同名タイトルのリメイク版が、26年の時を経て復活しました。

本記事では、そんな『ゼルダの伝説 夢をみる島』に関連する記事を振り返ります。


リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!
https://www.inside-games.jp/article/2019/02/15/120531.html

Nintendo Directで発表されたとき、当時のプレイヤー達がどれだけ喜んだことか想像に難くありません。それほどまでに、今でも変わらずに愛されるタイトルであるということなのです。

思えば2011年に3DSのバーチャルコンソール版で『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』が配信開始されたときも、それはそれは大盛り上がりでした。それが、最新ゲーム機で移植ではなくリメイクができるという喜び。これはなかなか筆者含めた当時のゲーマーにしか共有しにくいことかもしれません。


海外レビューハイスコア『ゼルダの伝説 夢をみる島』
https://www.inside-games.jp/article/2019/09/20/124752.html

リメイク作品は、特に海外レビューのコメントが興味深いです。国を超えて愛されていることが感じられるレビューの数々には目頭が熱くなります。


『ゼルダの伝説 夢をみる島』に出てくるゲストキャラ17名を解説!あの任天堂キャラたちが総出演!?
https://www.inside-games.jp/article/2019/09/23/124800.html

他の「ゼルダの伝説」シリーズと異なる点として、ゲーム中にはどこかで見たことがあるようなキャラクターが登場しています。是非探してみてください。


『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた
https://www.inside-games.jp/article/2019/09/25/124844.html

細かいところまで再現されている『ゼルダの伝説 夢をみる島』。原作にあった小ネタや裏技はそのまま残っているのか検証しました。


スイッチ『ゼルダの伝説 夢をみる島』新要素「パネルダンジョン」は、プレイヤーが新たなダンジョンを作る遊び! amiibo連動要素も判明
https://www.inside-games.jp/article/2019/06/12/122845.html

原作に忠実なリメイクだけでなく、新要素も充実。オリジナル版を遊んだ経験がある方も、「パネルダンジョン」は新鮮な気持ちでプレイすることができるでしょう。元々がゲームボーイのタイトルということもあり、クリア時間が平均約10~20時間程と、手を出しやすいボリュームなのも魅力のひとつです。
《若草》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』「闘技大会」を遊ばないのはもったいない!ウツシ教官も愛弟子の挑戦を待っているぞ

    『モンハンライズ』「闘技大会」を遊ばないのはもったいない!ウツシ教官も愛弟子の挑戦を待っているぞ

  2. 発売9周年を迎えた『ファイアーエムブレム 覚醒』に桜井政博氏が記念ツイート!疑問を呼んだ“キャラモデルに足首が無い”ことにも注目

    発売9周年を迎えた『ファイアーエムブレム 覚醒』に桜井政博氏が記念ツイート!疑問を呼んだ“キャラモデルに足首が無い”ことにも注目

  3. 『モンハンライズ』ヒノエ・ミノトは最初、黒髪と白髪の双子だった!青衣装バージョンも見られる“ラフ画”に注目

    『モンハンライズ』ヒノエ・ミノトは最初、黒髪と白髪の双子だった!青衣装バージョンも見られる“ラフ画”に注目

  4. 『モンハンライズ』売り切れになっていた「マガイマガド」「オトモアイルー」「オトモガルク」ぬいぐるみ再販分が予約受付中!7月下旬お届け予定

  5. 『モンハンライズ』新モンスター「ヤツカダキ」の設定イメージ案が公開!コミカルな演出に「悪の組織みたい」や「これは可愛い」などの反応が

  6. 『モンハンライズ』ガンランスの操作方法・立ち回りを解説!研がずに斬れ味を回復し、空まで飛び回るロマンの塊に隙は無し【個別武器紹介】

  7. 『モンハンライズ』オトモの装備やスキルに気を配ると、狩りの効率が劇的に上がる!小さな相棒をより輝かせたい人に送る指南書

  8. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  9. 『モンハンライズ』各フィールドに1匹だけ!超珍しい「希少生物」をもう見つけた?

  10. 『モンハンライズ』希望も闘志も水泡に帰す「ヌシ・タマミツネ」が紹介!この強敵に「今作で1番好き」や「天眼モーション嬉しい!」などの反応が

アクセスランキングをもっと見る