人生にゲームをプラスするメディア

『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!

「本多忠勝」は前作に引き続きの登場、「服部半蔵(先代)」は前作に登場した「服部半蔵」の先代にあたります。

ソニー PS4
『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!
  • 『仁王2』新たな戦いの地「姉川」が公開―真柄直隆、服部半蔵(先代)、本多忠勝などの武将達が集う!

コーエーテクモゲームスは、2020年3月12日発売予定のPS4向けダーク戦国アクションRPG『仁王2』に関して、ゲーム最新情報を公開しました。

賊がはびこり妖怪たちが蠢く戦国末期の日本を舞台にした、“戦国死にゲー”として名高い『仁王』の続編となる本作。主人公は妖怪の力を持ったサムライとして、荒廃した戦国の世で戦いながら、妖怪の棲む常闇の世界に導かれていきます。

今回は、新ステージ「姉川」と、そこに登場する新たな戦国武将「真柄直隆」「服部半蔵(先代)」、そして前作に引き続き登場が決定した「本多忠勝」の情報が公開されました。

◆新たな戦いの地「姉川」



姉川は伊吹山麓に源を発し、浅井領を南北に分断して琵琶湖に流れ込む河川である。戦国期、国境にあたる河川の浅瀬は他国への侵攻を図る軍勢の渡河地点となりやすく、会戦の場となることが多かった。

元亀元年(1570)年、織田信長は徳川家康と共に姉川を挟んで浅井朝倉の連合軍と対峙。かつての清流を血で染め上げんとしていた。




◆新たな登場武将


■真柄直隆(CV:山本格)


真柄直隆(まがらなおたか)は、朝倉家の家臣。五尺三寸(およそ160cm)もの大太刀、太郎太刀を軽々と振るった怪力の猛将として知られる。姉川の戦いでは単騎で徳川勢に突撃し、十二段構えの陣立てを八段まで突き破ったという。

■服部半蔵(CV:森川智之)


服部半蔵(はっとりはんぞう)は、徳川家康に仕える忍者。本名は正成(まさなり)。通称の半蔵は、伊賀国(現在の三重県西部)の忍び衆の頭領が代々受け継ぐ名のひとつ。伊賀衆を指揮して隠密活動に従事する一方、武将としても活躍。槍の達人であり、その武勇は“鬼の半蔵”と称されるほどだった。

■本多忠勝(CV:玄田哲章)


本多忠勝(ほんだただかつ)は、徳川家康配下の戦国武将。通称は平八郎(へいはちろう)。特に功績の大きかった四武将の一人として、徳川四天王に数えられる。徳川家に代々仕える譜代の家臣で、群を抜いて戦功めざましく、圧倒的に不利な戦況でも敵勢を驚かすほどの見事な撤退戦を演じ、“家康に過ぎたるもの”と高く評価された。

◆各武将による「姉川」でのイベントシーン


■真柄直隆


真柄直隆が織田軍の前に立ちはだかる。五尺三寸もの大太刀、太郎太刀を軽々と振るう朝倉軍随一の猛将である。


真柄直隆の大太刀をかろうじて受け止める本多忠勝。直隆の目が禍々しい光を放つ。直隆はこの合戦に勝つために、霊石を用いてあやかしと化していたのだ。


本多忠勝の前に姿を見せた真柄直隆。朝倉軍随一の猛将と、徳川軍随一の猛将が激突する。

■本多忠勝


徳川家の忠臣、本多忠勝。東国無双と称えられた武勇の士だが、妖怪を相手に苦戦を強いられる。

■服部半蔵


忍者にして槍の達人であり、「鬼半蔵」の異名を持つ服部半蔵。前作「仁王」に登場した服部半蔵の先代にあたる。

■本多忠勝&服部半蔵


自身の安全より主君の身を慮り、家康の元に向かうよう半蔵に伝える忠勝。徳川家中の結束は固い。

◆真柄直隆とのバトルシーン



真柄直隆が常闇を発生させ、真の力を明らかにする。霊石で形作られた左腕を添え、太郎太刀を両腕で振りかぶる。片手でも強力だった攻撃が、両手になるとどうなってしまうのか。最大限の警戒が必要だろう。


雪深い北陸の出身のためか、妖怪と化した真柄直隆は氷雪の力を宿している。属性の状態異常に陥ると、ただでさえ高威力の攻撃が致命的なものになる危険性あり。対抗手段を用意して戦いに臨もう。



『仁王2』は、2020年3月12日発売予定。価格は、通常版が7,800円+税、DL限定『仁王2 Deluxe Edition』が10,800円+税です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

    PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  2. 『神田川JET GIRLS』の真髄は背中にあり!?レースゲームならではの“後ろ姿コレクション”を紹介

    『神田川JET GIRLS』の真髄は背中にあり!?レースゲームならではの“後ろ姿コレクション”を紹介

  3. 『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

    『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

  4. 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども

  5. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  6. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  8. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  9. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  10. PS Nowに『Bloodborne』『ぎゃるガンヴォルト バースト』など5タイトルが追加!

アクセスランキングをもっと見る