人生にゲームをプラスするメディア

ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ

ターン制になったバトルシステム、人間力という育成項目、新プレイスポットなど、気になる新要素をご紹介します。

ソニー PS4
ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
  • ターン制バトルはSRPGのような戦略性あり!『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった新要素まとめ
主人公に「春日一番」を迎え、新しい趣きが全開のPS4向けドラマチックRPG『龍が如く7 光と闇の行方』。2020年1月16日に発売が決定した本作ですが、先日より配信されている体験版をプレイ。気になるバトルシステムの違い、新しいプレイスポットや収集要素など、気になったポイントをご紹介します。

気になるターン制バトルは、シミュレーションRPGのような戦略性があり!



まずは、一番の大きな変更ポイントとして注目されているバトルシステムについて。本作では、過去シリーズにおけるアクションバトルとは異なる「ライブコマンドRPGバトル」が採用されています。

ベースはコマンド選択式ターン制バトルで、敵味方ともに自分のターンが回ってくるまでアクションは行いません。ただし、行動選択中もすべてのキャラクターはゆるやかに移動をしているので、コマンドを選択するタイミングやその内容が重要になります。


たとえば、ターゲットを中心とした範囲攻撃技や、攻撃に向かう途中にいる敵を巻き込むといった技の場合、敵が移動するとダメージを与えられないことがあります。また、仲間との絆レベルが高いと、攻撃で敵をダウンさせた際に追撃が発生しますが、これにも敵のポジションが影響します。

こうしたリアルタイムのアクションがある一方、バトル中に行動キャラクターの位置は動かせません。そのため、敵味方がどこにいるかを常に把握し、使いたい技や次の行動を想像した上で的確なアクションを選択していきます。こうした思考の仕方はターン制のRPGであるとともに、シミュレーションRPGにも近いプレイ感がありました。


また、直接敵を攻撃する以外に、フィールドにある看板や自転車といったオブジェクトを使い、追加ダメージを与えることもできます。過去作では自分で掴んで攻撃しましたが、本作では近くにいる敵を攻撃する際に自動で使用するため、ポジションを見極めて攻撃をするのが重要です。難易度は高いのですが、走っている車にうまく当てられると大ダメージが入るので、道路上でのバトルでは狙ってみるのも面白いかもしれません。


それから、バトル勝利時にはポーズやコメントとともにリザルト画面が表示されます。RPGでは定番の要素ですが、シリーズユーザーにとっては新鮮なポイントですね。お金を払ってキャラクターを派遣する「デリバリーヘルプ」は、召喚獣のようなポジションで、体験版ではシリーズおなじみのG・B・ホームズなどが助けに来てくれました。個人的にはポケサーファイターの登場に期待しています。

新しいパラメータ「人間力」を育み、モテモテになろう!?



育成では、「人間力」というパラメータが用意されており、「情熱・メンタル・陽気・優しさ・知性・お洒落」という6項目を成長させられます。過去作では、「筋肉、俊敏、根性、技巧、魅力」といった経験値の種類がありましたね。人間力はよりいろいろな場面で活用されるとのことで、具体的には次のようなメリットがあります。

・ハローワークで新しい職業を斡旋してもらえる
・サブストーリーが進展する
・状態異常にかかりづらくなる
・特別なキャラクターと会話し、助っ人になってくれる
・女性にモテる!!

妙に現実味のあるメリットも見られますが、いずれにせよ人間力が高まればストーリーを有利に進められるのは間違いなし。資格学校に通ったり、サブストーリーをクリアしたり、プレイスポットで遊びまくると育つようですので、さまざまな手段を講じて立派な春日に成り上がっていきましょう!

育成の進捗度合いはグラフで表示されるため、今どんな人間力が足りていないのかわかりやすく可視化されています。メンタルはガラスだったり、おしゃれは平凡だったりとレベルに応じた説明も面白く、最終的には鋼のメンタルで賢くおしゃれでテンション高めな春日になるかと思うとわくわくしますね。


細かな要素としては、キャラクターのパラメータに「MP・器用さ・氷結耐性」といった、RPGでは定番でもシリーズでは新しい項目がありました。火炎や電撃はイメージできますが、氷結攻撃とはどのようなものになるのでしょうか?

その他、アドベンチャーパートで気になったポイント


街中を歩いていると、仲間たちとの会話イベント「パーティチャット」が発生します。最後まで聞くと会話に参加した仲間との絆が深まりますが、バトルなどで中断されると途切れてしまうので要注意。上記スクリーンショットのように、新しいプレイスポットの前を訪れると春日が独り言をつぶやく場面もあるため、街歩きがいつもよりにぎやかになる感じがしました。


夏休みを楽しむゲームにはメインの要素である「虫収集」が本作にもあります。虫たちは木に止まっているようで、採取し売ってお金に替えられます。ゲームが進行すると他の用途としても使えるとのことですが、序盤は春日の貴重な資金源になりそうですね。ちなみに筆者が最初に見つけた虫は、見まごうことなき「G」でした。


新しいプレイスポットでイチオシは、名画座「うみねこ坐」です。アクション・恋愛・ドキュメンタリーなどいろいろな映画が観られる、ちょっぴりレトロな雰囲気の映画館ですね。


仲間と一緒に観賞すると絆が上がるデートスポットのような場所ですが、ミニゲームも用意されており、映画の上映中に次々と「睡魔」が襲ってきて春日を眠らせようとしてきます。椅子から飛び出す睡魔に対応したボタンを押すと撃退できるので、映画終了までボタンを押しまくって目を開け続けましょう!



以上、PS4向けドラマチックRPG『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版で気になった、バトルや育成システム、プレイスポットなどの紹介でした。
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

    『モンハン:アイスボーン』謎のモンスターは「ゼノ・ジーヴァ完全体(仮)」と判明!16人用討伐クエストとして12月13日より配信【UPDATE】

  2. 「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

    「正式発表されたPS5の購入意欲や期待は?」結果発表!大多数は値段やソフトラインナップとの相談を選択―大幅な互換性を望む声も【読者アンケート】

  3. 『新サクラ大戦』体験版の感想を一挙紹介!一新した3Dアクションや新ヒロイン達への評価は“賛否両論”に【読者アンケート結果】

    『新サクラ大戦』体験版の感想を一挙紹介!一新した3Dアクションや新ヒロイン達への評価は“賛否両論”に【読者アンケート結果】

  4. 最終試練は“師匠を倒すこと”…『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の戦闘を学ぶ

  5. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  6. 『NieR:Automata』関連タイトルの「PS Awards 2019」受賞記念セールが実施

  7. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  8. お姉ちゃんが返り血浴びれば浴びるほど強くなる!?『お姉チャンバラORIGIN』は剣閃アクション好きのツボを抑えた名作だ

  9. 『モンハン:アイスボーン』「悉くを殲ぼすネルギガンテ」の歴戦個体登場!新地帯「氷雪地帯」など、大型アップデート第2弾の追加要素紹介

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』海外でも高評価、その面白さの理由を紐解く

アクセスランキングをもっと見る

1