人生にゲームをプラスするメディア

テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい

テスラが発表した新型電動ピックアップトラック「Cybertruck」のデザインが「ローポリゴンっぽい」とTwitterをはじめとしたSNS界隈で話題になっています。

その他 全般
テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい
  • テスラ新車「Cybertruck」の未来感&ローポリ感がすごい

自動車会社テスラが発表した新型電動ピックアップトラック「Cybertruck」のデザインが「ローポリゴンっぽい」とTwitterをはじめとしたSNS界隈で話題になっています。


SFの一大ジャンルである「サイバーパンク」をモチーフにした「Cybertruck」は、その名の通り、SF映画から飛び出てきたかのような斬新かつ洗練された形状をしています。

また、ロゴマークも著名なテーブルトークRPG「サイバーパンク2.0.2.0.」を彷彿とさせるようなデザインになっているのも特徴です。




「X-MEN」のサイクロップスの目を彷彿とさせるヘッドライト、1980年代の乗用車を思い出す角張ったボディ、武器が収納されていそうなゴツゴツしたホイール……あとはこの車にサイボーグが乗ってくれたらサイバーパンク的に100点満点でしょう。

ちなみに窓ガラスは強化されたものらしいですが、上記の映像ではその強さを実演しようとしたところヒビが入ってしまうトラブルが発生。ただ、それはそれで荒廃したサイバーパンク感があっていいと思います。



さて、冒頭の話題に戻りますが、たしかに「Cybertruck」の角張った形状は、ローポリゴンで表現された自動車にも見えますね。

しかし、ここまで角張った形状の車が登場するゲームとなると、比較対象はPS1時代のものより1994年に発売されたスーパーファミコン向けレースゲーム『ワイルドトラックス』あたりでしょうか。そのくらいのローポリっぽさがあります。

いずれにしてもビデオゲームのキャラクターが乗っていそうな車です。一度でいいからサイボーグになった気分で乗り回してみたいものですね。

なお「Cybertruck」は、こちらの公式サイトから詳細が閲覧可能です。
《真ゲマ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. PS4やスイッチでも使えるおすすめの高性能ヘッドセット5選!『Apex』や『モンハンライズ』がもっと上手くなりたい方に

    PS4やスイッチでも使えるおすすめの高性能ヘッドセット5選!『Apex』や『モンハンライズ』がもっと上手くなりたい方に

  2. 『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

    『あつまれ どうぶつの森』“とたけけ楽曲”と“ゲーム内BGM”を収録!268曲を揃えたサウンドトラック3種が発売決定

  3. 『ウマ娘』や『ダビスタ』も取り上げた競馬雑誌「サラブレ」が休刊に…競馬ファンのみならず、ゲームファンからも悲しみの声

  4. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  5. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「桜花賞」出走馬の「メイケイエール」オーナーが『ウマ娘 プリティーダービー』参戦に立候補

アクセスランキングをもっと見る