人生にゲームをプラスするメディア

青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート

総発行枚数65億のトレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ(デュエマ)』を題材にしたiOS/Android向けアプリ『DUEL MASTERS PLAY'S(デュエル・マスターズ プレイス)』の発表会が9月26日、東京・DeNAオフィスで開催されました。

モバイル・スマートフォン iPhone
青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
  • 青春時代を『デュエマ』で過ごした人たちに届け!最適化ルールやレジェンドが明かされたスマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』発表会レポート
総発行枚数65億枚以上のトレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ(デュエマ)』を題材にしたiOS/Android向けアプリ『DUEL MASTERS PLAY'S(デュエル・マスターズ プレイス)』の発表会が9月26日、東京・DeNAオフィスで開催。「タカラトミー」デジタル事業部 事業部長の佐戸憲一氏と、「DeNA」アライアンスプロデュースグループ グループリーダーの塩澤敦氏が登壇し、スマホアプリ版を開発した狙いを語りました。



■かつて『デュエマ』を遊んだ人をターゲットに、スマホアプリ版ならではの調整を加えた最新作


タカラトミーが2002年から発売した『デュエマ』は18年目を迎え、小学生から30歳以上の大人まで幅広い層に親しまれています。スマホアプリ版を開発した狙いは、かつて『デュエマ』を遊んだ大人が、もう一度始めるきっかけにしたいからです。



佐戸氏は「青春時代をデュエマで過ごした人は400万人くらいだと見込んでいます。その方々をターゲットに、カード初心者から上級者、原作ファンなど様々なプレイスタイルに合わせた遊び(=play)を、時間や場所を越えた新しい繋がりの場(=Place)で提供したい」と語りました。タイトルはコンセプトに則った造語であり、スマホアプリ版を通してプレイヤー同士でコニュニケーションが生まれ、オフラインでもしっかり繋がれるようにしたいとのことです。


そのため、デジタル分野での経験値不足を補うパートナーとして選ばれたのがDeNA。塩澤氏は「距離・年齢(世代)を越えて、時間・価値を共有して楽しむ場所を提供できるデジタル領域のサポートをしたい。過去のプレイヤーが、かつて遊んだ友達と出会えたり、世代を越えて若い世代と交流する場ができたりするかもしれない」と手応えを感じているようです。




同日は、『デュエマ』の開発に関わった「Wizards of the Coast」の重鎮・チャーリー・カティノ氏からも「ゲームの仕上がりを見て、とても興奮しています」と大きな期待を寄せるビデオメッセージが。


スマホアプリ版では、Wizards of the Coastと綿密な打ち合わせを行い、1試合のプレイ時間を短縮するためにテンポの良さを重視し、シールドトリガーなどの特徴的なルールを踏襲しながらも、一部ルールを最適化しています。例を挙げると、手札枚数や場に出せるカード枚数の上限変更、カード召喚するにあたって、全部が同じ属性のマナでなくても良いなどです。



従来のカード能力の一部変更やスマホアプリ版だけのカードも登場する一方で、あくまでも当時のゲーム環境を忠実に再現することが大前提にあり、決して『デュエマ』らしさが損なわれる仕組みにはしないと太鼓判を押しています。

■スマホアプリ版『DUEL MASTERS PLAY'S』のソロモードは、切札勝負らレジェンドデュエリストが登場



同作は通信対戦モードだけでなくソロモードも用意。プレイヤーが自身のアバターを自由に作成し、舞台となる「デュエマシティ」で様々なデュエルを繰り広げます。懐かしい『デュエマ』漫画連載初期に登場した原作キャラクターの切札勝舞、黒城凶死郎、白凰といったレジェンドデュエリスト達とも戦うことができます。




ナビゲーターは、切札勝舞が愛用したキーカード「コッコ・ルピア」をモチーフにしたコッコ・ルピコが務めます。ちなみに、ソロモードに登場するレジェンドデュエリストはフルボイスで、当時担当した声優陣が新たに声を吹き込んでいるとのことでした。


通信対戦モードは、対戦成績によってポイントが変動するランクマッチと、対戦成績を気にしないで楽しめるカジュアルマッチの2つがメイン。ランクマッチでは、毎月カップ戦が開催され、豪華報酬が用意されます。上級者で良い成績ほど良い報酬を入手できますが、初心者で成績が芳しくなくとも、入手できる報酬を用意する予定だそうです。そのほかにもレイドバトルなど様々なバトルがあるようです。


カードは基本デッキとは別に、カードパック購入、ゲームストーリー進行などによって入手可能。シールドトリガー発動やシールドブレイクなどのバトル演出も迫力満点で、醍醐味はバトルの戦況によってシームレスに曲のアレンジが変化する「インタラクティブミュージック」。プレイヤーの心境とシンクロした音楽で、アクションゲームさながらの臨場感あるバトルが楽しめます。




ちなみに、スマホアプリ版登場が『デュエマ』の客層を取り合うのではないかとの心配も上がりますが、佐戸氏は、「昔は『デュエマ』を遊んでいたけど、現在はやっていない20代はかなり多いと見込んでいる。スマホアプリ版をプレイすることで、逆に『デュエマ』をもう一度遊ぶ人も増えるかもしれない」と、心配はしていないと述べました。すでに事前登録受付が始まっており、登録者数に応じて全プレイヤーに特典カードが配布されます。


本作は2019年冬リリース予定で、今後は先行体験会やβ版テストなども予定しています。



※ゲーム画面やカードパックの価格は開発中のものです。今後変更になる可能性があります。

《乃木章》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 金・紫のタマゴ捜索時スカウトで知っておきたい知識まとめ!「こころ」と異なる点を理解せよ【ドラクエウォーク 秋田局】

    金・紫のタマゴ捜索時スカウトで知っておきたい知識まとめ!「こころ」と異なる点を理解せよ【ドラクエウォーク 秋田局】

  2. 「仲間モンスター」でパーティを組むコツを伝授!性格・スキル・素質・特性をしっかり理解しよう【ドラクエウォーク 秋田局】

    「仲間モンスター」でパーティを組むコツを伝授!性格・スキル・素質・特性をしっかり理解しよう【ドラクエウォーク 秋田局】

  3. 『FGO』2021年水着イベント総まとめ!悠木碧さんの“幼女声でお芝居の真似”発言に注目が集まる

    『FGO』2021年水着イベント総まとめ!悠木碧さんの“幼女声でお芝居の真似”発言に注目が集まる

  4. 『FGO』第2部D・カノウヨシキ氏のコメントが「新イベントの条件か?」と話題に─アヴァロン・ル・フェのクリアを促す

  5. 『FGO』ゲームでは見られぬ姿にうっとり…!カーマ、カイニス、清少納言―各デザイナーの実装記念イラストが眩しい

  6. ドラゴラム実装!「ドラゴンのつえ」は文句無しに強いけど、ガチャを引くのはちょっと待て【ドラクエウォーク 秋田局】

  7. 『ウマ娘』新育成ウマ娘発表時の「タマモクロス」トレンド入りが恒例行事に―実装を待ち望む声、今回も鳴り響く

  8. 『アズールレーン』昨年で最もケッコンされている艦船は? 3位ニュージャージー、2位綾波、1位は…

  9. 『アズレン』約2年越しの“島風実装”にユーザー歓喜!早見沙織さんの「元気いっぱいドジっ娘」が指揮官を魅了

  10. 『ウマ娘』オグリvsタマモクロスの怪獣大戦勃発!?シンデレラグレイ作者が“某怪獣映画”のパロディイラストを投稿

アクセスランキングをもっと見る