人生にゲームをプラスするメディア

『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはカプコンと共同開発したスマートフォン向けゲームアプリ『TEPPEN』が全世界累計200万ダウンロードを突破したと発表しました。また世界的プロゲーマーのコメントを公開しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着
  • 『TEPPEN』累計200万DL突破!魅力を語るプロゲーマー「梅原大吾」「ときど」「ジャスティン・ウォン」のコメントが到着

ガンホー・オンライン・エンターテイメントはカプコンと共同開発したスマートフォン向けゲームアプリ『TEPPEN』が全世界累計200万ダウンロードを突破したと発表しました。また世界的プロゲーマーのコメントを公開しました。

以下、リリースより引用

◆『TEPPEN』累計200万ダウンロード突破!



2019年7月4日(木)より北米・欧州(※2)2019年8月8日(木)よりアジア・日本※3でサービスを開始し、日本でApp Storeトップ無料ゲーム1位(2019年8月9日付)、Google Playストア人気無料ゲーム1位(2019年8月10日付)を獲得しました。

2019年8月8日(木)に開催いたしました発表会「TEPPEN Asia Japan Premiere」のエキシビションマッチに出演頂いた世界的プロゲーマーの梅原大吾氏、ジャスティン・ウォン氏、ときど氏からも、熱いプレイコメントが届いております。

■プロゲーマー3名のプレイコメント到着!



●梅原大吾

「面白い!リアルタイムでの駆け引きによりアクション性が強く、久しぶりに時間を惜しんでやりこめるゲームに出会えました。毎日ワクワクしています。」

●ジャスティン・ウォン

「It’s a perfect game to play within 5 minutes.」5分で終わる完璧なゲームだ。It’s not just turn based so even though he is losing, he thinks that there is still a chance to fight back. The game has an element where you need good reaction besides of just being good at TCG. So with the action feature, the game fills in the gap of players being able to play better not just being good at Card games. Usually, fighting game ends in around 5 minutes. A lot of fighting game players do not like long matches that goes over 30 minutes~1hour. So Teppen can be played within 5 minutes. So for travelers, this game is really good because if they have some time to spare they can play the game for couple minutes. It is a perfect game that can be played on the go.

↑[意訳]TEPPENはただのターンベースのカードゲームでないため、一方的に負けていても挽回できるチャンスがある。また、ゲームに反応速度も必要なため、TCGだけ上手ければTEPPENが上手くなれるわけでもないので、アクション要素がそのような隙間を埋めてくれる。格闘ゲームのプレイヤーはあまり長い試合を好まないため、TEPPENは5分以内で終われることがとてもいいことだと思われる。遠くへ旅行など行く人にとっても、数分空き時間がある時にすぐにプレイできるため、そのような方々にもとても良いゲームである。

●ときど

「アクション性の高いカードゲームが遂に出た!
これはゲーマーとしてやりこむしかありませんね!」

■「グランプリ”CORE”」8月20日より2週間に亘り開催


『TEPPEN』では、ゲーム内で初開催となる対戦コンテンツのひとつである「グランプリ”CORE”」を2019年8月20日(火)より2週間に亘り開催予定です。リアルイベントにおいても、PAX West出展(北米)、東京ゲームショウ2019出展のほか、Amazon協賛による賞金総額5千万円※4を懸けたWorld Championship開催などを予定しております。なお、9月に登場予定の新カードパック「DAY OF NIGHTMARES」特別先行情報を、Twitterプロモーションアカウント(アジア・日本:@PlayTEPPEN_ASIA、北米・欧州:@PlayTeppen)にて現在公開中です。

★Instagram(アジア・日本:@playteppen_asia、北米・欧州:@PlayTeppen
)でもカードイラスト紹介など随時更新予定ですのでどうぞご期待ください。

※2019年8月13日(火)付、「App Store」「Google Play」の同一端末による重複ダウンロードを含まない累計ダウンロード数です。
※ 太平洋標準時。
※ アジアの配信地域は、韓国、台湾、香港、マカオ、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、日本です。
※現時点での賞金総額です。

◆『TEPPEN』とは



『TEPPEN』は、ガンホーとカプコンが強力なタッグを組み、カプコンの人気キャラクターたちが多数登場するゲームの 総合格闘技、アルティメットカードバトルです。「ヒーロー」と呼ばれる各キャラクターの重厚な描き下ろしイラストで展開 するオリジナルストーリー、リアルタイムで進行する臨場感とカードゲームならではの思考の応酬となるターン制の融合、 さらには簡単操作で行える直感的なバトルにより、新たな体験を生み出すバトルゲームとなっています。

公式サイト: https://teppenthegame.com
公式Twitter: https://twitter.com/PlayTEPPEN_ASIA
公式インタグラム: https://www.instagram.com/playteppen_asia/




(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※ゲーム内画像は開発中のものです。予告なく変更する場合がございます。
《monnchi》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. ドリコムが『ウィザードリィ』シリーズ最新作『Wizardry VA(仮)』をモバイル向けに発表

    ドリコムが『ウィザードリィ』シリーズ最新作『Wizardry VA(仮)』をモバイル向けに発表

  2. 『うたわれるもの ロストフラグ』1周年で登場した「ハク(CV:藤原啓治)」がファンに待ち望まれていた理由とは?時間外手当を払ってでもフル回転させたい

    『うたわれるもの ロストフラグ』1周年で登場した「ハク(CV:藤原啓治)」がファンに待ち望まれていた理由とは?時間外手当を払ってでもフル回転させたい

  3. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

    『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  4. 『FGO』復活アイテム「霊脈石」を使うならここがオススメ! 年内中にメインストーリーに追いつきたい貴方へ“バトルの難所”をピックアップ

  5. 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』の衣装デザインに迫るーバーチャル・シンガー&オリキャラの衣装はどう作られたのか

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  8. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  9. 攻守最強な「パプニカのナイフ」登場!「ダイの大冒険」コラボイベントで斬り裂けっ、アバンストラッシュ!【ドラクエウォーク 秋田局】

  10. 『ロマサガRS』高難易度クエストに一度は挫折した筆者が送る、抑えておきたい育成方法─まずは戦闘力22,000以上を目指そう

アクセスランキングをもっと見る