人生にゲームをプラスするメディア

『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に関して、7月31日に配信予定の有料追加コンテンツ第2弾「勇者」を紹介する動画「【スマブラSP】勇者のつかいかた」を公開しました。

任天堂 Nintendo Switch
『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!
  • 『スマブラSP』桜井氏による「勇者」の紹介・小ネタポイントをまとめてお届け―映像内で登場した必殺技はなんと25種類以上!

任天堂は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に関して、7月31日に配信予定の有料追加コンテンツ第2弾「勇者」を紹介する動画「【スマブラSP】勇者のつかいかた」を公開しました。

動画内では、ディレクターの桜井政博氏が実際にゲームをプレイしながら、「勇者」の特徴を解説。本記事では、そんな動画内で紹介された「勇者」の小ネタや詳細情報に加え、追加Miiファイターコスチューム第2弾、Ver.4.0アップデート情報などをまとめてお届けします。

◆『ドラクエIII』勇者と『ドラクエXI』勇者では、盾のデザインもしっかり作り分けられている



『ドラクエIII』と『ドラクエXI』の勇者は、装備している盾のデザインが殆ど同じという共通点が存在。しかし、その細かな違いはしっかりと作り分けられています。

◆『ドラクエVIII』の勇者は、ポケットにトーポが存在



『ドラクエVIII』で勇者のポケットに潜り旅を共にしていた相棒的存在「トーポ」が、『スマブラSP』でも登場。原作と同じく、『ドラクエVIII』勇者のポケットに潜っています。

◆勇者を名前で呼びたい場合は、公式ネームをお好みで使うのもあり



勇者というキャラクター名が分かりにくい場合もあるということで、公式で使われている勇者の名前が公開。『ドラクエXI』勇者が「イレブン」、『ドラクエIII』勇者が「アルス」、『ドラクエIV』勇者が「ソロ」、『ドラクエVIII』勇者が「エイト」となります。お好みで使うのもいいかもしれません。

◆カラーバリエーションは、『ドラクエ』シリーズの誰かを模したデザインに



公式サイトでも既に見ることができたカラーバリエーションに関して、『ドラクエ』シリーズの誰かをモチーフにしていることが明言されました。配色的に、『ドラクエXI』勇者が『ドラクエVIII』の「ククール」、『ドラクエIII』勇者が『ドラクエV』の主人公、『ドラクエIV』勇者が初代『ドラクエ』の主人公、『ドラクエVIII』勇者が『ドラゴンクエストVI』の「テリー」かもしれません。

◆勇者同士が戦うのは、『スマブラSP』が初めて!



『ドラクエ』シリーズの勇者同士が直接戦うのは、『スマブラSP』が初めてということが明らかに。『スマブラ』のルールのために戦うことを許可してくれたスクウェア・エニックスへ、桜井氏も感謝を伝えました。

◆勇者たちの声優紹介―本編の主人公たちがじゅもんを読みあげるのは初!




『スマブラSP』における勇者たちの担当声優が紹介されました。『ドラクエXI』勇者を斎賀みつきさん、『ドラクエIII』勇者を檜山修之さん、『ドラクエIV』勇者を草尾毅さん、『ドラクエVIII』勇者を梶裕貴さんが担当します。この内『ドラクエXI』勇者以外に声が付くのは、公式として初めてに。さらに、『ドラクエ』本編の主人公たちがじゅもん名を読みあげるのも初めてとなります。



◆アクションは、鳥山明さんのデザインに合う元気なものに



勇者のアクションは、鳥山明さんのデザインに合う元気なアクションを目指して作成されたとのこと。

◆スマッシュ攻撃には“かいしんのいちげき”が発生することも



勇者のスマッシュ攻撃には、『ドラクエ』シリーズお馴染みの“かいしんのいちげき”が入ることもあります。ランダム発動ですが、もし決まれば強力な一撃に。また、シリーズごとの“かいしんのいちげき”を踏襲しており、微妙な違いがあるそうです。

◆シールドや横強攻撃で飛び道具を無効化



勇者はシールドを装備しているため、飛び道具を防ぐことができます。また、横強攻撃はシールドバッシュとなっているため、こちらでも飛び道具に打ち勝つことが可能です。



◆必殺技一覧


■ノーマル必殺技:メラ系じゅもん


ノーマル必殺技はメラ系の呪文になっています。ボタンを押して溜めた時間によって、出るじゅもんがメラ→メラミ→メラゾーマと強化。溜め時間は保持できるほか、溜め状態をキープすることも可能です。なお、じゅもんを使うにはMPが必要となります。足りない場合は不発になりますのでご注意を。

■横必殺技:デイン系じゅもん


横必殺技はデイン系のじゅもんになっています。こちらもボタンを押した時間によって、出るじゅもんがデイン→ライデイン→ギガデインと強化。それぞれ、剣に雷撃を溜めて攻撃しているという技になります。

■上必殺技:バギ系呪文


上必殺技は復帰にも使えるバギ系のじゅもんになっています。こちらもボタンを押した時間によって、出るじゅもんがバギ→バギマ→バギクロスと強化。バギは復帰距離が小さいもののMP消費が少ない、バギマは横に飛びやすい、バギクロスはかなり高く飛ぶという特徴があります。また、バギ系は相手にダメージを与えてふきあげることも可能です。

■下必殺技:コマンド選択


下必殺技では、ステータスの横にコマンドメニューが表示。ランダムに選ばれた技の中から1つを選択することで、その技が発動します。動画内で公開された技は、下記の17種類。なお、コマンドはシールドボタンなどでキャンセルが可能な上、選ばれる技も再抽選されます。

●バイキルト

一定時間攻撃力がアップ。

●ためる

次の一撃を強力にする。相手に当たるまで効果は継続。

●マホカンタ

相手の飛び道具を反射。

●ホイミ

自身の体力を回復。

●かえん斬り

前方の広範囲に攻撃。

●マヒャド斬り

相手を凍らせる。

●ピオリム

自身を物凄く素早くさせる。

●イオナズン

強力な爆発系の呪文を放つ。

●ラリホー

相手を眠らせる。

●まじん斬り

当たると“かいしんのいちげき”になる攻撃。

●ザラキ

相手をたまに一撃で撃墜させる。相手の蓄積ダメージが高いほど撃墜確率が上がる。

●ルーラ

どこからでもステージに復帰できる。ただし、ステージに天井があると頭をぶつけてしまう。

●アストロン

一定時間その場で無敵になる。

●メタル斬り

メタル化した相手を一撃で撃墜。アストロンもメタル斬りで撃墜可能。

●パルプンテ

何が起こるかわからないじゅもん。良い効果の時もあれば、悪い効果の時もある。

●マダンテ

MPを全て消費して、相手に強力な一撃を与える。MPの残量に比例して与えるダメージが変化。

●メガンテ

自身も撃墜となるが、相手に強力なダメージを与える自爆技。

◆新ステージ「天空の祭壇」に関して



『ドラクエXI』に登場する「天空の祭壇」をモチーフにした新ステージ「天空の祭壇」に関する情報も公開。『スマブラSP』では足場が浮上し、ロトゼタシアの上空を飛行します。背景には「スライム」が登場。時にはレア演出として「はぐれメタル」も登場するそうです。


また、アイテムを入手できる「宝箱」も出現。しかし、中にはプレイヤーを攻撃してくる「ミミック」バージョンが出現する場合も。「ミミック」は倒すことができ、倒した際にはアイテムを落としてくれます。




◆収録楽曲・スピリッツボード・勝ち上がり乱闘



収録楽曲に関しては、それぞれの勇者の戦闘曲・フィールド曲がまとまって収録されています。また、勝利演出時として序曲のアウトロも流れる仕様に。この他にも、特別なスピリッツボードや勝ち上がり乱闘の勇者ルートが追加されます。




◆追加Miiファイターコスチューム第2弾登場



有料追加コンテンツ第2弾「勇者」の配信にあわせて、追加Miiファイターコスチューム第2弾も配信開始されます。追加コスチュームには、「ベロニカ〔剣術〕」や「ロト〔剣術〕」、「ぶとうか〔格闘〕」、「スライム〔ぼうし〕」など、『ドラクエ』関連のものがラインナップ。各74円+税で販売予定です。

◆Ver.4.0アップデート情報


有料追加コンテンツ第2弾「勇者」の配信にあわせて、Ver.4.0アップデートが実施されます。主な追加内容は下記の通りです。

■チャージ切りふだに時間制限が追加


チャージ切りふだに時間制限が入ることとなります。ただし、減るまでの時間は長めになっている上、ゲージが減っていくので見分けもつくようになっています。

■アドベンチャーに新難易度「とてもかんたん」が追加


アドベンチャーモードに新難易度「とてもかんたん」が追加されます。どうしてもクリアできない場合や、楽にクリアしたい場合に使用してくださいとのこと。

■大観戦に勝者予測機能が追加


大観戦で、勝者を予測できる機能が追加されます。勝者が的中するとポイントがもらえ、貯めたポイントでアイテム交換が可能に。予想が外れても、損をすることは一切無いとのことです。

■オンライントーナメントが追加


オンラインにトーナメントモードが追加されます。トーナメントモードを選択するだけで気軽に参加可能。ルールは固定されており、定期的に変化。さらに、特別なイベントトーナメントも定期的に開催予定とのことです。

■動画関連に新機能追加


動画編集機能で静止画が使用可能になるほか、「みんなの投稿」で動画の連続再生が可能になります。



(C) 2018 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokemon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD. / ATLUS / Microsoft
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチと新型のライトはどっちがいいの? あなたのプレイスタイルに合わせて診断!

    ニンテンドースイッチと新型のライトはどっちがいいの? あなたのプレイスタイルに合わせて診断!

  2. 『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンの正体を考察─鳴き声やその姿にヒントあり?

    『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンの正体を考察─鳴き声やその姿にヒントあり?

  3. 『ポケモン ソード・シールド』謎に満ちた新登場ポケモンの情報が公開!その名は「ナイト」?

    『ポケモン ソード・シールド』謎に満ちた新登場ポケモンの情報が公開!その名は「ナイト」?

  4. 『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

  5. 「とにかくかわいいミクさんを見てほしい!」―『初音ミク Project DIVA MEGA39's』大崎氏&松並氏インタビュー【TGS2019】

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る

1