人生にゲームをプラスするメディア

『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!

iOS/Android『北斗の拳 -Legends Revive-』の先行プレイレポをお届けします!

モバイル・スマートフォン iPhone
『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!
  • 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』先行プレイレポ─あの“伝説”をゲームで追体験!

「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画原作者・武論尊氏と漫画家・原哲夫氏による誰もが知る代表作「北斗の拳」が、iOS/Android『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』としてリリースされることになりました。

「北斗の拳」といえば「お前はもう死んでいる」という有名なセリフがありますね!男女問わず、一度は聞いたことのあるセリフかと思います。筆者も子どもの頃に友人と遊びながら言っていた記憶があり、懐かしい気持ちが蘇ります。

今回リリースされる『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』は、まさにそのセリフが登場する“北斗の拳 第一部”のストーリーが実装予定で、プレイヤーは主人公ケンシロウを動かし漫画の世界に飛び込んだかのような感覚になれるのです。

◆ゲームをしてる…漫画を読んでる…!?


1980年代に一大ブームを巻き起こした「北斗の拳」。最近では手軽にレンタル漫画や漫画喫茶などを利用して読むことが可能になりましたが、それでも若い人は内容まで知らない…という方も多いのではないでしょうか?

本作は「内容が分からないからゲームに手が出ない…」とならないよう、プレイ中にたくさんのカットインや漫画仕立てのストーリーが流れるので、「北斗の拳」初心者でも思う存分楽しむことができます。





ちなみに、原作を知っている方は過激な表現を心配する声もあると思いますが、そこもしっかりとマイルドに修正されているので安心してプレイ可能になっています。

◆美しい3Dムービーに惚れる!


ゲーム中に流れる3Dムービーも綺麗で見入ってしまうほど…ストーリー的に重要な場面で差し込まれる映像なので、見逃したくない部分です。






ゲーム開始後すぐにシステムのダウンロードが入りますが、その間もムービーが流れるので、気付いたらダウンロードが終わっています。もう少し観ていたかったな…と思ってしまうほどです。

◆気になるゲーム性は?


本作は原作に登場するキャラクターを強化しながらストーリーを進め、強敵と戦います。主人公のケンシロウやバット、リンなどお馴染みの顔ぶれが勢揃い!

・シンプルだけど戦略性もある戦い!


戦闘では敵をタップすると攻撃します。ただ、ここで北斗七星が光るのでタイミングよく最後にタップすると“EXCELLENT”の文字が出て、コンボダメージが増えていきます。タイミングが悪くなると“GOOD”や“BAD”になり、コンボダメージの倍率が増えにくくなるのです。



キャラクターアイコンの部分に“必殺”が表示されると、攻撃の際に技を出してくれます。キャラクターをタップするとそのキャラクターから攻撃が始まるので、ボスや体力の多い敵に対して積極的に必殺技を使いたいところ。



そして、最後は“奥義”!キャラクターアイコンに表示されたら上へスワイプで発動!一発逆転が狙えるほど強く、使うタイミングを見極めなければならない正真正銘の奥義です。




奥義で敵を倒すと、「北斗の拳」で有名な断末魔の叫びと呼ばれる「あべし」「たわば」などが聞けるので、狙って倒してみるのも面白いですね!


・パーティは好きな様に組める!


本作ではライバルキャラクターと組んで敵に挑むことも可能です。ゲームならではの良さですね。なので、ケンシロウやバットだけじゃなくシンやハート…更にはフォックスやジードなどのマニアックなキャラクターも使用可能です。

つまりこういったパーティで強敵に挑むことも…。


普通ではありえないような組み合わせや、自分の好きなキャラクターを集めて戦うこともできるということです!もちろん相手もそういった組み合わせで来ることもあるので…。



こういった展開になることも…リンちゃん、恨みはないけどゴメンね…。

・強くなったら他のプレイヤーと勝負!


パーティも強くなって自信がついて来たら“闘技場”にエントリーしましょう。闘技場は、ランキング形式で他プレイヤーのパーティをCPUが操作する擬似的な対人戦。強豪ぞろいで一筋縄ではいきませんが、ランキングが上がれば報酬がたくさん貰えるので、挑戦する価値はあります。



自慢のオリジナルパーティでライバルと戦ったり、他のプレイヤーのパーティを参考に戦略を盗む…なんてこともできるかもしれません。



漫画の世界観そのままに「北斗の拳」を楽しめる『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』は、ファンには最高の仕上がりとなっています。もちろん、今まで興味があったけど手が出せなかった方や初めての方でもストーリーがしっかりと分かるので、問題なく遊べるかと思います。

※画面はいずれも開発中のものとなります。
《三浦希枝》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

    『ウマ娘』「メジロマックEーン杯」から「ハルウララだけで有馬記念」まで!ルームマッチ実装に伴い、続々と“個性的なレース”が開催

  2. 『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

    『ウマ娘』「フジキセキ」の勝負服が初公開!原案そのままの姿に「流石フジ先輩」「セクシー過ぎる!」の声殺到

  3. 『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

    『ウマ娘』ヒシアマゾンはマイル~中距離の追込ウマ娘!SSRサポ「バンブーメモリー」には“まさかのマイナススキル”あり

  4. 汗と涙のリアルな表現こそが『IDOLY PRIDE』の真骨頂!ーアイドルは感情爆発の先で何を視る

  5. 『ウマ娘』“ヒシアマ姐さん”こと「ヒシアマゾン」が育成ウマ娘に!新サポート「バンブーメモリー」「シンコウウインディ」と共に6月21日実装

  6. 『ウマ娘』賢さ注力はNG!“チームレースで勝てる”サクラバクシンオーの育成論【もなよのウマ娘情報局】

  7. 人気漫画「ゲーミングお嬢様」が『ウマ娘』をしましたわ!「URA9」や「マックE」など“あるあるネタ”におハーブが生えますわね

  8. ウマ娘たちは“なぜ人間体型で時速70kmも出せるのか?”その走り方を、マンガ・ゲームを科学的に調べる「空想科学研究所」が考察

  9. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  10. 『ウマ娘』“福引チャンス”や“安心沢刺々美”の期待値は…?気になるイベントを「育成イベントギャラリー」で検証してみた【特集】

アクセスランキングをもっと見る