人生にゲームをプラスするメディア

『雀魂』「大会戦」の機能を解放!仲間や友人と真剣勝負で盛り上がろう

Yostarは対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』のWEB版に関して、「VTuber 麻雀トーナメント~白上フブキ杯~」に使用された「大会戦」機能を2019年5月29日(水)に解放したと発表しました。

PCゲーム その他PCゲーム
『雀魂』「大会戦」の機能を解放!仲間や友人と真剣勝負で盛り上がろう
  • 『雀魂』「大会戦」の機能を解放!仲間や友人と真剣勝負で盛り上がろう
Yostarは対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』のWEB版に関して、「VTuber 麻雀トーナメント~白上フブキ杯~」に使用された「大会戦」機能を2019年5月29日(水)に解放したと発表しました。

以下、リリースより引用

◆対戦型麻雀ゲーム『雀魂』大会戦の機能を解放!



2019年5月29日(水)に対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』のWEB版で大会戦の機能を解放いたしました。大会戦の機能は、5月29日(水)に開催された雀魂-じゃんたま-プレゼンツ「VTuber 麻雀トーナメント~白上フブキ杯~」でも使用された機能で、ユーザーが簡単な操作で自身の大会を開くことができる機能です。是非、大会機能を使って皆様で『雀魂(じゃんたま)』をお楽しみください。

■『雀魂(じゃんたま)』とは



オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。自分の強さに応じた段位戦から、プライベートなグループを作っての友人対戦まで、様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

●ゲームの特徴
  • プレイヤーは自身のアバターとして様々なタイプのキャラクターを使用可能です。
  • キャラクターのボイスは井口裕香さんや内田真礼さん、小清水亜美さんなど人気声優を起用。ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。
  • キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとしての使用や、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。
  • 他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプが使用することができます。

ジャンル:対戦型麻雀ゲーム
配信機種:Webブラウザ、Android、iOS
※アプリ版は現在開発中
料金形態:基本無料(アイテム課金)

公式ページ:https://mahjongsoul.com
公式Twitter:https://twitter.com/MahjongSoul_JP



(C)2019 Soul Games, Inc.
(C)2019 Yostar, Inc. All Rights Reserved.
《monnchi》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』公式サイト公開! タイムリミットやメンバー入れ替えなどが前作から大きく変更

    『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』公式サイト公開! タイムリミットやメンバー入れ替えなどが前作から大きく変更

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. PC版『モンハン:ワールド』に受付嬢をぽっちゃり化するModが登場ー想像以上に太ましく

  4. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  5. 【吉田輝和の絵日記】群集心理を描く謎ゲー『KIDS』僕は右に…え?みんな左?じゃあ僕も左に…

  6. 『PSO2』中二病を加速させる新クラス「ファントム」の特徴をご紹介―敵を確実に仕留める“亡霊”の恐怖を見るがいい!【特集】

  7. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  8. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  9. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

アクセスランキングをもっと見る

1