人生にゲームをプラスするメディア

【SHOWROOMバーチャル事件簿】SHOWROOMから世界へ―bilibiliでの日中歌合戦にアダルティな女子会!?

仮想ライブ配信サービス"SHOWROOM上で起きたバーチャルタレントたちの物語”を事件簿としてご紹介。今をファンたちと共有し続けるバーチャルSHOWROOMERの軌跡を、ぜひご覧ください。

その他 VTuber
【SHOWROOMバーチャル事件簿】SHOWROOMから世界へ―bilibiliでの日中歌合戦にアダルティな女子会!?
  • 【SHOWROOMバーチャル事件簿】SHOWROOMから世界へ―bilibiliでの日中歌合戦にアダルティな女子会!?

いま"SHOWROOM"のバーチャルシーンがアツい!

2013年にサービスを開始したライブ配信サービス・SHOWROOM。熱烈なユーザーによる「応援コメント」や「ギフティング」が飛び交うランキングイベントが日々開催され、配信者はアイドルやタレントが中心であるイメージが強いですが、昨今同サービスが特に力を入れているコンテンツがあります。それはバーチャルタレント

現在7000人を超えるバーチャルタレントが存在すると言われているなか、日々YouTubeでは様々な界隈ニュースが飛び交っていますが、それはSHOWROOMも例外ではありません。むしろYouTubeとは違い、すべてがアーカイブ無しの世界でおこる刹那のハプニングや、最後まで目が離せない怒涛のランキングイベントでのドラマ――つまり“事件”が巻き起こっているのです!

本連載ではそんな"SHOWROOM上で起きたバーチャルタレントたちの物語”を事件簿としてご紹介。今をファンたちと共有し続けるバーチャルSHOWROOMERの軌跡を、ぜひご覧ください。

前回の事件簿はコチラ

■中国と日本のバーチャル歌合戦にSHOWROOM発の「水瀬しあ」「三田そにあ」が登場!



昨今、日本以外の東アジア圏でも人気を集め始めているバーチャルタレント。なかでもSHOWROOMで活動をしている配信者たちが次に飛び出したのは中国でした。4月13日・14日に、中国を代表する動画共有サイト「bilibili」で開催された、中国と日本のバーチャルタレント総勢34名を集めての歌合戦。国境を越えた同イベントに「水瀬しあ」と「三田そにあ」も参加しました。

AVATAR2.0公式転生プロジェクト出身の二人は、同プロジェクトから生まれた14名の中でもいち早く3Dモデル獲得の権利を勝ち取ったバーチャルSHOWROOMER。紅白に分かれて競い合うこの歌合戦では、日中両国のバーチャルタレントたちと一緒に紅組として戦いました。

出演者の中には同じくSHOWROOMで活躍する「東雲めぐ」の姿も。中国発の配信者の多くが、J-POPの中国語版カバーを披露するなか、三田そにあは『七里香』の日本語バージョンと、中国でも人気の『NARUTO』の主題歌にもなった『ブルーバード』を熱唱。水瀬しあは、緊張することを予想して緩やかな曲調の『流れ星』と、人気ゲーム『ピクミン』の主題歌『愛のうた』を披露しました。とても盛り上がり、中国語で好意的なコメントが多く流れていた配信中の様子から、今後の彼女らの中国での人気も期待できそうです。

■オ・ト・ナ・なバーチャルタレント限定「ちょっとあだるてぃな女子会」に「めっちゃばぶ美」と「フェアリィ緑川」が登場



国内に目を向けると、特筆したいのが株式会社セガゲームスが全面バックアップしたことで話題になったVTuberコンテストイベント「VER.(バージョンドット)」主催企画。YouTube番組「バージョンドットDX」で行われた「ちょっとあだるてぃな女子会」には、SHOWROOMで活躍するバーチャルタレント「めっちゃばぶ美」と「フェアリィ緑川」がゲスト出演しました。


MCの万丈アシカを筆頭に「女子あるあるかるた」でなど企画盛りだくさんで進行する女子会。「めっちゃばぶ美」の破天荒さは当事件簿でもお伝えした通りですが、同じくSHOWROOMで活躍する「フェアリィ緑川」は妖精の国から人間界に舞い降りた妖精。人間を笑顔にするため動き回っている彼女ですが、今回の企画でも妖精界のことを伝えるために大健闘。人間界のお酒のような”楽しくなる汁”の話などで女子会を沸かせていました。

今回のコラボ企画をきっかけに彼女たちを知った視聴者は、ホームグラウンドであるSHOWROOMでの活躍もチェックしてみてください。他にも才能を放つバーチャルタレントや新たなお気に入りが見つかるかもしれません。


双方向コミュニケーションが取りやすいインターフェース。ギフティングという直接応援機能などがスパイスになり、アーカイブ無しの生配信だからこそ見逃せない事件が毎日起こっている"SHOWROOM"。

オフライン・オンラインのイベントの出演権、メディア掲載権を懸ける「ランキングイベント」では、バーチャルタレントがあの手この手で切磋琢磨する様子を傍観するもよし、推しを応援するもよし。アナタの応援で推しが権利を勝ち取った暁には、他のプラットフォームでは味わえない達成感が得られるかもしれません。これを機に"SHOWROOM"のバーチャルカテゴリをフラッと覗いてみては?
《アニモ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

    キャラクターデザインの批判受けた実写映画「ソニック・ザ・ムービー」公開延期―「ふさわしいソニックに」

  2. 【コスプレ】かぐや様、SAO、グラブル…「ホココス2019」美女レイヤーまとめ(後編)【写真109枚】

    【コスプレ】かぐや様、SAO、グラブル…「ホココス2019」美女レイヤーまとめ(後編)【写真109枚】

  3. “若年層ゲーマー”の注目アニメは「約ネバ」、注目声優は水瀬いのり&梶裕貴 その理由は…?

  4. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】RPGのやりこみ要素に手をつけられない

  6. 映画「名探偵ピカチュウ」全編が流出かと思いきや「おや!?映像のようすが…」―キュートなダンス動画でした

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】どうしてスマホのゲームは終わっちゃうんですか?

アクセスランキングをもっと見る

1